肩こりの症状はこのツボで解消!肩こりをすっきり改善する解消法

Pocket

こんにちは。akapです。

私の場合、パソコンをよく使うので目が疲れるんですかね。

首すじと右の肩甲骨のあたりが良く張ったり痛くなったりします。

今回は、肩こりの症状はこのツボで解消!肩こりをすっきり改善する解消法についてお話しします。

スポンサーリンク

 

【肩こり】に悩んでる方へ

パソコンを使用する時や、普段からの姿勢も自分で気をつけて肩こり予防をしていかないといけないですね。

肩こりの原因について

student-849825_640

肩こりの原因についてはいくつか存在しますが主に、

1.パソコンやスマホ作業を長時間している。

2.車の運転を長時間続けている。

3.運動不足。運動を日常的にしていない。

4.日常的に姿勢が悪い。

5.その他の病気

特に現代社会で多いのが

1.パソコンやスマホ作業を長時間している。

と考えられます。

パソコンやスマホを使っていると、知らず知らずのうちに姿勢が前かがみになっていて、その姿勢が固定された状態でずっと作業していると、腕や肩の筋肉がこわばって疲労がたまり結果、肩こりにつながっていきます。

パソコン以外にも、車の運転、デスクワークなども、同じ状態になっている事が多いので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

ツボの見つけ方

地の巡りが悪くなり、体内に熱がきちんと循環しなくなると、肩が重い、肩が張るなどの症状が起きてきます。

こういった肩こりに効く

手の代表的はツボが、手の三里(てのさんり)です。

肩こりに効く特効のツボ「手の三里(てのさんり)

手の三里(てのさんり)は

肩こりの中でも首の後ろ、首すじから肩、鎖骨にかけてのコリに効果を発揮します。

 

手の三里(てのさんり)

ひじの関節の近くにあり、腕を曲げてできるひじの横ジワの外の端から、手の指の横幅二本分手首に向かって進んだところです。

手の三里(てのさんり)を押すと

すじのような手触りがあり

押すと中指の方に響く痛みもあります。

この手触りと痛みを手がかりに探すとポイントを見つけやすいと思います。

スポンサーリンク

「ツボの押し方」

手の三里(てのさんり)を押すときは

左右の腕を組むような気持で胸の前で曲げ、一方の手の親指を手の手の三里(てのさんり)に当て、残りの指で腕をかかえるようにします。

親指を手の三里(てのさんり)に当ててすじに向かって強く押し、ビーンと痛みが走ったらそのまま7~8秒押し続け、その後離します。

通常、肩こりは左右どちらかの肩に症状が強く出ます。

しかし、片方の方だけの肩こりの時でも、左右両方の手の三里(てのさんり)を押してくださいね。

左の手の三里(てのさんり)を3分くらい刺激してから、右の手の三里(てのさんり)も3分くらい刺激してみてください。

スポンサーリンク

おすすめトピック



シェアお願いします!

フォローお願いします!