あなたの頭痛はどのタイプ?危険な頭痛と片頭痛の違い・原因とは

あなたの頭痛はどのタイプ?危険な頭痛と片頭痛の違い・原因とは

あなたは頭痛に悩まされていませんか?

私も時々、片頭痛に苦しまされた一人です。

それが、ただの片頭痛だけであれば良いのですが、放置しておくと危険な頭痛もあります。

現在の社会では、その頭痛の多さから脳神経外科や頭痛外来で詳しく問診と検査をしてくれます。

今回は、あなたの頭痛はどのタイプ?危険な頭痛と片頭痛の違い・原因についてお話しします。

スポンサーリンク

片頭痛は疾病BEST3

WHO(世界保健機関)の報告では、片頭痛は世界的にも第3番目に頻度の高い疾病とされ、また日常生活に支障をきたす原因の中では7番目に位置づけられています。

しかし、約70%の患者さんは医療機関を受診したことがなく、正確な診断や適切な治療を受けていないのが現状です。

慢性頭痛をもった日本人は約4000万人と推計され、そのうち約840万人が片頭痛患者さんです。

日常生活に支障の高い頭痛を持っていても、一度も診療を受けたことがなかったり、正確な診断や適切な治療を受けていない患者さんも多く、たくさんの鎮痛薬を服用していたり、市販薬が効かなくなってきたと不安を持っておられる方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

危険な頭痛とは

頭痛診療で大切なことは、まず危険な頭痛である二次性頭痛を除外することです。

・初めての頭痛

・突然の頭痛

・これまで経験したことがないほどの頭痛

・お子さんや比較的ご高齢になってからの頭痛

・脳神経症状を伴う頭痛

・おう吐や発熱、高血圧、ケガに伴う頭痛

などは、危険な頭痛の可能性があります。

頭痛外来では詳しく問診をした上で診察を行い、必要に応じてCTやMRI、MRAなどの諸検査を行います。

二次性頭痛の原因は

クモ膜下出血や解離性動脈瘤などの脳卒中、脳腫瘍や炎症性疾患など多岐に渡り、時に生命を脅かす病気が隠れていることもあります。

一応、検査で異常がみられない一次性頭痛の代表格が片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛です。

スポンサーリンク

片頭痛の特徴

片頭痛は思春期頃から多くなり、30歳代がピークです。

この年齢は、学校や子育て、仕事に忙しい時です。

ひどくなると仕事や家事が手につかず、寝込んでしまいます。

片頭痛も軽度のものであれば市販薬でもよくなりますが、ひどくなってからでは効きません。次第に服用する回数が増え、気づくと薬が効かない頭痛になっています。

これが薬物乱用頭痛です。

また最近では、ストレス社会を背景に、頻回に頭痛が起こる慢性片頭痛の患者さんも多くみられます。

たくさんの方が頭痛に苦しむ・・・▼

@littlemematsuri)さんの投稿

@konomi.muna)さんの投稿

近年、片頭痛の特効薬である「トリプタン」がよく使われるようになってきています。

セロトニン1B/1D受容体に働き、血管の拡張・炎症を鎮めます。

臨床では各種のトリプタン製剤が使われており、個々の患者さんに最適なお薬を、適切なタイミングで服用して頂くことが大切です。

それでも、効果が十分でない患者さんや頻回に頭痛がみられる方には予防薬が有効です。

スポンサーリンク

片頭痛の起こる原因

片頭痛はストレスや時に食べ物によっても引き起こされます。

ダイエットや偏食なども頭痛の原因になります。

また、不眠や寝過ぎも禁物です。

同じ片頭痛でも誘因や予防法は個々の患者さんで異なります。

お一人お一人にあった生活指導・予防薬の選択が重要です。


頭痛でお困りの方は、お近くの頭痛外来や脳神経外科、神経内科にご相談頂くようにして自分の身は自分で守りましょう。

あなたにおすすめ頭痛対策

ズキズキと頭が痛い・片頭痛が良く起こるとかありませんか? そんな片頭痛が起こった時どのような対応をしていますか? 今回は...
頭痛や偏頭痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか? 足にはいろいろな効果があるとされるツボが多数あります 今回は...
肩こりなどからくる頭痛・偏頭痛などにお悩みではないですか? 体操や運動でコリをほぐすのはもちろんですが、解消しない場合は「にん...
こんにちは。akapです。 私は、肩こりと偏頭痛がたまに起こります。 もちろん薬には頼りたくないですが、これって意外に辛...