トマトは肌を綺麗にする美肌効果が抜群!豊富なビタミンが老化防止に役立つ

Pocket

トマトには健康的なイメージが常にありますが、では実際にどんな薬効、効能があるのかということになると、案外と知られていないようです。

そこで私は、肌のシワやシミを防いでくれるトマトの老化防止成分についてお話しすることにしましょう。

スポンサーリンク

「トマト」に含まれるカロチン!ビタミンAが肌荒れ、ニキビを防ぐ

生のトマトは

みずみずしさ、新鮮、清らか、健康的といったイメージに満ちています。

トマトの最大の特色といってもいいのが、独特のあの赤い色ではないでしょうか。

トマトの赤色をなしている色素の一つは

主にカロチンという物質ですが、カロチンが体内に摂取されると、ビタミンAの効果を現します。

トマト100gには

カロチンが29μg含まれていて、そのビタミンA効力は220IUとされているのです。

(IUとは、ビタミンAの効力を表す国際単位)

これは、果菜類の中では、カボチャに次いで第2位です。

ビタミンA は「皮膚の栄養ビタミン」

と呼ばれているくらいで、皮膚や粘膜を保護し、その新陳代謝を活発にする働きがありますから、皮膚の老廃物を取り除き、肌荒れ、ニキビなどを防ぎます

また、

ビタミンAは、細菌などに対する抵抗力を増したり、目の機能を保つための重要な働きをしたり、骨の発育にも深く関係したりしています。

スポンサーリンク

体の細胞を若返らす「トマト」!シミ、そばかすの発生を予防する

トマトの新鮮さ、みずみずしさの根拠とも考えられているのが、トマトに豊富に含まれているビタミンCです。

トマト100gの中には、20mgのビタミンCがあります。

ビタミンC

皮膚の若々しさを保つのに、なくてはならない役割を果たしています。

つまり、ビタミンCは、体の中のコラーゲンという物質の生成を促しているのです。

コラーゲンとは、細胞と細胞をつなぐ結合組織を形成している主成分です。

つまり、ビタミンCが足りなくなると、粘膜から出血しやすくなったり、皮膚がかさかさに荒れたりしています。

また、美容の敵であるシミやソバカスは、紫外線などの刺激により、皮膚にメラニン色素(黒かっ色の色素)が沈着して、できてしまいます。

スポンサーリンク

ビタミンCには

こうしたメラニン色素の働きをおさえ、シミ、そばかすの発生を予防してくれる効果が知られています。

さきのビタミンAとともに、ビタミンCは、体の細胞を若返らせてくれますから、皮膚の若さを保ち、シワなどを防ぐうえで大切な栄養素といえまず。

フリーラジカルは老化を進行させる

ところで、最近の研究では、フリーラジカルという物質が、老化と関連していることが明らかにされてきました。

フリーラジカルとは

体の若さを失わせ、老化を進行させる物質です。

例えば、フリーラジカルが体内で増加すると、細胞の働きに障害が起こったり、体内の脂肪が酸化されて体にとってよくない過酸化脂質という物質がふえたりしてしまうのです。

これらが、さらに老化を進めてしまうことになります。

スポンサーリンク

トマトが肌の美容と老化防止に役立つ

トマトから豊富に得ることのできる

ビタミンAやビタミンCは、老化を進める物質の生成や働きをおさえてくれます

トマトの酸味の元となっているグエン酸という酸の一種は、体の疲労物質や老廃物の除去に役立つという意味で、肌の美容と老化防止に役立ってくれるでしょう。

トマトの美肌効果についてはこちらもご覧ください。

トマトに含まれるペクチンが便秘を解消する

トマトに含まれている食物繊維の一種であるペクチンも、大きな働きをしています。

というのも、ペグチンは、水分を吸収しながら、腸の中の掃除をしてくれます。

また、腸に刺激を与えて、蠕動運動(ぜんどううんどう)(腸が内容物を肛門のほうへ送る運動)を活発にする働きもあります。

つまり、トマトを食べると

便がやわらかくなり、排便も活発になるので、便秘を解消し便通がよくなるわけです。

便秘は肌の美容の大敵ですから、この点でもトマトは肌を美しくしてくれます。

スポンサーリンク

トマトには15種類のミネラルが含まれ美容と健康に役立つ

このほかにも、トマトにはカルシウム、カリウム、鉄、マグネシウムなど、約15種類のミネラルが含まれています。

これらは、全身の機能を調整する大事な働きをして、美容と健康に役立ってくれるのです。

老化防止成分の塊といえるトマトを積極的に用いて、肌のシミやシワを防ぎ、いつまでも若さと美しさを保っていただきたいものです。

トマトの美肌効果についてはこちらもご覧ください。

コメント

  1. トマトは老化防止に役立つ!肌荒れ・ニキビ・肌のシミ・シワを防止! - 女性の悩みオンライン より:

    […] 続きを読む […]