烏骨鶏酢卵の作り方!糖尿病・ダイエットに効果がある酢卵ドリンク | からだ守り隊




烏骨鶏酢卵の作り方!糖尿病・ダイエットに効果がある酢卵ドリンク

【ダイエット】

 

こんにちは。akapです。

酢卵の効果を知っていますか?

市販でも販売している「酢卵」ですが健康維持にものすごい効果を発揮します。

 

今回は、烏骨鶏酢卵の作り方!糖尿病・疲労回復・減量などに効果がある酢卵ドリンクを紹介します。

スポンサーリンク

 

「酢卵」の効果についてはこちらも▼

酢卵は疲れや疲労回復に効果絶大!人気なのは病気を予防し元気の元に
こんにちは。akapです。 疲れや疲労回復はどのように解消していますか? 毎日の食生活で元気を取り戻したいものです。 今回...
人気がある酢卵の飲み方と作り方!酢卵は糖尿病や高血圧に効果あり
こんにちは。akapです。 健康診断で高血圧症や中性脂肪高と診断されたことはありますか? ではどうやって治療していくので...

酢卵を作るに用意するもの

 

その前に、すぐに飲みたい・手間をかけたくない方は▼


手間をかけたくないならこちらの市販の酢卵が安心で効果的です

烏骨鶏の卵酢(酢卵)「らんず」1本 酵素発酵卵酢は松本ファームだけ!
 

さて、それでは本題の「酢卵」の作り方です。

1.卵三個

2.酢600ml

3.広口びん

おいしく飲むためには、次のものもあると便利です。

4.ビタミンC(粉末)30g

5.ハチミツ適宜

スポンサーリンク

酢卵作りの「卵」「酢」「広口びん」の注意点

酢卵作りに使う「卵」

市販の一般的な卵でかまいませんが、新鮮なものを使ってください。

なお、注目されている卵として、「烏骨鶏」の卵があります。

 

烏骨鶏は、生命力が強いとされる鶏で、その卵にも薬効があるといわれています。

こういう烏骨鶏の卵や、地鶏の卵などを使うのもよいでしょう。

 

酢卵作りに使う「酢」

合成酢でなく、必ず醸造酢を使ってください

合成酢は、化学的に合成した酢酸を主成分とする酢です。

これに対して醸造酢は、原料を発酵させ、、文字どおり醸造という過程をへて作られています。

 

米酢などの穀物酢、リンゴ酢などの果実酢は、代表的な醸造酢です。

最近では、市販されている酢の大部分が醸造酢ですが、いちおう表示を確かめて買いましょう。

 

ちなみに、「米酢」「リンゴ酢」など、原料の名がついている酢は、すべて醸造酢です。

(合成酢には、こうした名称はつけられないことになっています)

 

広口びん

卵を酢に漬けておくと、しだいに膨張してきます

ですから、材料の量に対して余裕があるような、大きめのびんを用意してください。

スポンサーリンク

酢卵作り方

①卵を洗う

酢卵1

生の卵を水で洗います。殻の表面を指でそっとこすりながら、流水で洗いましょう。

洗ったら、乾いたふきんでふきます。

 

 

酢に漬ける分量の酢を広口びんに入れ、その中に洗った卵を入れます。

酢卵2

ふたをして、常温の薄暗いところに置いてください。

 

 

③そのまま1週間~10日置くと最初の1日~2日は卵から泡が出て、その後、卵が膨張してきます。

 それとともに殻が溶けだし、表面が軟らかくなってきます。

(あるいは、殻にひびが入ってはがれていきます)。

酢卵3

こうして、平均1週間~10日ほどで、かなり殻が溶け、薄くなってきます。

はしで表面をこすってみると、殻がドロドロと削れるはずです。

つついてみると、表面は軟らかく、弾力が感じられるでしょう。

 

こうなったら、④で述べるように、軟らかくなった殻(または薄皮)を破ってかまいません。

なお、短期間で上手に酢卵を作るコツとして、ビタミンCを加える方法もあります。

薬局で「ビタミンC(アスコルビン酸)原末」を買い求め、酢に溶かすのです。

 

そこに卵を漬けると、早く殻が溶け、ツルツルした薄皮だけの状態になります。

ビタミンCが酢卵の生ぐささを取ってくれますし、卵に含まれるたんぱく質分解酵素の活性を高め、味をよくする作用もあります。

スポンサーリンク

 

④殻(薄皮)を取る

酢卵4

はしなどで軟らかくなった殻(または薄皮)を破り、取り出して捨てます。

破るとき、先の太い割りばしなどでつつくと、中身が勢いよく飛び出すことがあります。

とがったはしや竹串を使うと、うまく破れます。

 

⑤ミキサーにかけてこす

酢卵5

ミキサーにかけ、白っぼくなるまで攪拌したあと、ガーゼや茶こしでこします。

ミキサーがない場合は、はしなどでよくかきまぜてからこしましょう。

 

 

⑥酢卵ができた時点で、全体にハチミツをまぜ合わせておく

酢卵6

あとは薄めるだけで飲めて手間がかかりません。

 

酢卵は、条件にもよりますが、冷蔵庫で1ヵ月くらい(冬場)は保存できます。

酢卵7

水やぬるま湯で4~5倍に薄め、好みの量のハチミツをまぜると、おいしい飲みものになります。

こうしてできた酢卵を、冷蔵庫に保存し、1日1~2回食後に、15~20gずつ飲みます

スポンサーリンク

 

ちなみに、以下は管理人が使っているはちみつです。

割引クーポンやまとめ買いの特典(3本購入で1本プレゼント&送料無料)を使ってお徳に国産のハチミツを買っています。

【30%off対象商品】国産純粋はちみつ 1000g 1kg 日本製 はちみつ

今話題のマヌカはちみつも肌に塗ったり食べたりすると肌に良いです!

マヌカはちみつ 170g 国内自社工場にて充填

はちみつの体への影響はすごいものです。

 

はちみつ効果についてはこちらも▼

扁桃炎ののどの痛みも腫れも引いたアロエのハチミツ漬け
エステティシャンの有働さんのアロエの利用法といえば、なんといってもハチミツ漬けです。 プランターで育てているキダチアロエは、生...
https://body-protect.com/garlic-honey-vinegar/
高血圧や糖尿病、アトピーまで効く飲み物は「酢はちみつサワー」
こんにちは。akapです。 経済的に手ごろで安全、かつ多様な症状に適した、何か良いものはないか?と思っていたところで今回のご紹...
スポンサーリンク

 

まとめ

この酢卵は

特定の箇所のカラダ不調だけでなく

・糖尿病

・便秘解消

・眼精疲労

・疲労回復

・頭痛

・冷え性

・膝痛

などにもいろいろ効果があったと報告されています。

酢卵で低血圧・冷え性・胃もたれが解消!足のしびれや痛みまで取れた
病気ではないけれど何だか体の調子が良くない。そんなことありませんか? 健康体で過ごしていきたいものです。 今回は、低血圧...
酢卵の効能と効果とは?糖尿病や高血圧に抜群!ボケや骨粗鬆症も予防
健康法の中で、最近、とくに注目しているのが「酢卵」です。 酢卵は、文字どおり酢に卵を漬けたものです。 そんな酢卵...

 

酢卵というと

飲みにくいイメージを持ってしまいますが、この方法なら、手軽においしく飲めます▼

 

酢卵の美容効果についてはこちらも▼

酢卵ダイエットが効果的!美肌効果もありくすみ・あざ・そばかすを薄くする
女性は誰でも、スタイル良く美しくありたいものですよね。 最近、顔の肌の調子はどうですか? ダイエットしても成功しない経験...

コメント