風邪やインフルエンザのウイルスに負けない免疫力と体づくり!

Pocket

風邪・インフルエンザの流行シーズンが今年は早めのようです。

負けないカラダはどうやってつくるの?

風邪やインフルエンザのウイルスに負けない免疫力と体づくり!のポイントを医師にお聞きました。

スポンサーリンク

インフルエンザと腸の関係

腸が免疫の7割を占める!

インフルエンザが流行し始めると、必ず耳にする「免疫」という言葉。

免疫とは、ウイルスや細菌など、体内で繁殖させてはいけない異物を見つけて、やつつけてくれる仕組みのことです。

その免疫の約7割を占めているのが「腸」なのです。

腸内環境を整えることこそ、免疫の力のカギなのです。

スポンサーリンク

ビタミンCと乳酸菌

意識して摂るなら乳酸菌を!

昔から、風邪といえば「ビタミンC」と言われていますよね。

強い抗酸化作用で身体を守ってくれるビタミンC。

でも、現代は食料事情がよくなり、飲料や食品の保存料としても多用されているため、意識しなくても足りている人がほとんどなのです。

意識して摂るなら、乳酸菌を気にしましょう。

ニンニク・ショウガの冷え対策

血流を良くし、体温を上げる!

体が冷えて体温が下がると、血流が悪くなり、免疫の働きも低下します。

ニンニク、ネギ、ニラ、タマネギなど香りの強いユリ科の野菜には、免疫力を上げるポリフエノールやイオウ化含物がたっぷりです。

さらに、温め食材のショウガと並んで、血流をよくして、手や足の末梢まで温めてくれる効果もあります。

少量でいいので、薬味や風味づけとして毎日の料理で活用しましょう。

にんにく効果についてはこちらもご覧ください。

ヨーグルトを活用するコツ

便秘や便通改善は2週間を目安に!

悪いものを外に出すのも腸の大事な働きです。

ヨーグルトを2週間続けて食べて、おなかの調子に変化がなければ、ほかの種類のヨーグルトに変えるのも手です。

ヨーグルトの効果についてはこちらもご覧ください。

食べる時間はいつでもいいので毎日続けることです。

食物繊維と一緒に食べれば、便通改善効果は高まります。

スポンサーリンク

強い免疫食 = 発酵食品

毎日続ける!いろんな種類を食べる!

腸内環境を整え、免疫力をアップしてくれる代表的な食品が、発酵食品です。

もともと腸に住む多くの常在菌に働きかけ、善玉菌を増やし、異物と最前線で戦う免疫細胞(NK細胞)をパワーアップしてくれます。

風邪・インフルエンザ対策についてはこちらもご覧ください。

常在菌は

いろいろなタイプの菌と出合うことで刺激を受け、たくましくなるので、複数のタイプの発酵食品を組み合わせて食べるほうが効果的です。

菌の効果は一過性なので、毎日食べ続けることが大事です。

スポンサーリンク

食事のタイミングや取り方

①朝ご飯を食べ、1日3食規則正しく取る。

②夜食や外食の回数を減らす

エネルギーの燃焼率は、朝が最も高く、夜になると低下します。

そのため、就寝前の食事や欠食が続くと体脂肪をためやすい体になり、血糖値が乱れる原因につながります。

③ゆっくり時間をかけてよくかみ腹八分目を守る

よくかむことで脳の満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことができます。

バランスの良い食事構成

副菜(野菜・海藻日きのこ・豆類)を多く、主食(ご飯`麺・バン)の量を少なくする。

うどんとおにぎりなど

1度の食事で主食を複数食べないようにしたり、丼物を減らして定食型の食事を選ぶことがオススメです。

食事で取りすぎに注意するもの

①食塩や動物性脂質

②アルコールや間食

食塩は1日89g未満が理想です。

だしを取って減塩しょうゆを使用したり、魚肉練り製品の使用を抑えるだけでも制限できます。

スポンサーリンク

2月は生活習慣病予防月間

2月は生活習慣病予防月間といわれ、さまざまな取り組みが行われます。

予防するには

食事以外に、運動・休養なども合わせて必要となります。

「最近体型が変わった」「疲れやすくなった」など、気が付いた時が食生活を見直すチャンスです。

長年の生活習慣を変えるのは一苦労ですが、1つの項目からでも良いのでできることから始め、そして続けることが大切です。