からだ守り隊

何をするにも体が資本!体に取り入れるもので、本当に体に良いとされる情報を医学的根拠や体験談などをもとに発信するサイトです。

サイト内検索

▼【ダイエット 対策】

美脚になり足を細くする方法とは!ヒップアップ効果がありO脚も改善

2017/03/05

Pocket

 

市販の固定用テープを関節に貼るだけで、

・O脚が改善したり

・足がスマー卜になったり、

・ヒップアップができたり

というと、女性にとっては朗報に違いないでしょう。

スポンサーリンク

 

実際、テーピング療法は、

体型を美しくする効果はもちろんのこと

腰痛やひざ痛、外反母趾などの整形外科的な症状の解消にも、すぐれた効果があるのです。

 

なぜ、このような効果があるのかというと、

テーピング療法はそれぞれの目的や症状に応じて適切な箇所に、

適切な貼り方をしているためです。

 

以下に紹介する症状別の貼り方を読んでいただければわかるように、決して難しいものではありません。

 

O脚が治って美脚に変身!O脚が改善した人はたくさんいる

テーピング療法の中で、

とりわけたくさんの人に喜ばれているのが、O脚の解消です。

骨盤から太ももにかけて貼るテーピングで、O脚が改善した人は数多くいます。

美脚の誕生というわけです。

 

さて、O脚の人は必ず、

左右どちらかの腰骨が外側へ飛び出います。

ここは、腸骨と大腿骨大転子といい、上と下の二箇所に出っ張りがあるのです。

わかりやすくいうと、

太もものつけ根辺りにある腰骨の下の出っ張りから太もも上方にかけて、ふくらんで見えるのです。

スポンサーリンク

 

左右の足(太もも) を比べてみて、

ふくらみが大きいほうの足ヘテープを貼りましょう

 

<手順1>

・まず5cm幅のテープを

腰の「下のポイント」にかかるようにして、

太ももの外側側面に上方から下方へ向けて縦に貼ります。

・「下のポイント」を中心に上方15cm辺りから始め、

さらに下方へ15cm、合計約30cmの長さで貼ってください。

これをA線と呼びましょう。

上から下へ引っ張って、空気を入れないように貼ります。

 

<手順2>

 

・次に、同じ5cm幅のテープを使って

先のA線に対して×印になるように、

二本のテープを交差させるように貼ります。

 

<手順3>

・このままでは、体を動かすと

テープが上下にずれてしまいます。

そこで、補強のために、

3本のテープの上端と下端とに、

5cm幅のテープを一本ずつ、横向きに貼ってください。

 

<手順4>

・これだけでも効果は十分なのですが、

加えて、ひざの外側にもテーピングを貼ると、

さらに効果が高まります。

・ひざのお皿の外側へ、

5cm幅のテープをちょうどひざの上下を結ぶようにして、

縦に貼り、その上端と下端に補強のために一本ずつ、

5cm幅のテープを貼りましょう。

 

こうして貼ったまま、日常動作をしてください

一週間ぐらいで効果が出てくるはずです。

スポンサーリンク

 

足痩せ! 痩せたい部分に貼って足を細くする方法!

テーピング療法は、

足やせに大変有効です。

 

足の太いことを気にする女性はたくさんいます。

太ももが太い人とか、ふくらはぎが太い人など、それぞれで悩みの箇所は異なります。

 

一般的には、だいたい次の二つのパターンに分けられるでしょう。

①腰の部分が外側に出ているので、腰から太ももにかけて太って見えるケース。

②太ももの前面が出ていて、太ももが太く見えるケース。

③ふくらはぎが出ていて、ふくらはぎが太いと悩むケース。

 

基本的には、太いと思われる箇所へ、足の流れに沿って、上から下へとテープを貼ればいいのです。

スポンサーリンク

 

順番に貼り方を説明しましょう。

①「腰の部分が外側に出ているので、腰から太ももにかけて太って見えるケース。」

骨盤にゆがみがあって、

股関節が外側へ張り出しています。

腰骨の下側の出っ張っている部分を通るように、

腰から太ももの中央部分まで、縦に5cm幅のテープを貼りましょう。

そして、補強のために上端と下端に5cm幅のテープを横向きに貼ります。

 

②「太ももの前面が出ていて、太ももが太く見えるケース。」

腰骨の下方からひざの内側に向けて、

太ももの前面を斜めに横切るように

5cm幅のテープを貼ってください。

 

最後に、補強のため、

テープの始まり部分と終わりの部分に、

5cm幅のテープを横向きに貼ります。

 

③「ふくらはぎが出ていて、ふくらはぎが太いと悩むケース。」

ひざの裏側からスタートして、

ふくらはぎを覆うように、

かかと近くのアキレス腱の辺りまで、

5cm幅のテープを縦に貼ります。

 

そしてテープの始まりと終わりの部分、

つまりひざの裏とアキレス腱のところへ、

補強の意味で5cm幅のテープを横向きに

一本ずつ、貼りましょう。

 

テープをはがすときは、必ず上から下へはがすようにしてください。

 

このように、

足を細く美しくするテーピング療法は、

細くしたい部分で貼る位置が異なります

 

自分では貼りにくいようであれば、

イラストを見ながら、家族や友人に貼ってもらいましょう。

片方の足だけに貼っても、両足に貼ってもかまいません。

スポンサーリンク

 

ヒップアップ効果が抜群!垂れ下がっているお尻がキュンとアップ

骨盤がゆがむと、

腰は横に広がって、

ヒップは垂れ下がって見えるようになります。

 

つまり、老化や肥満などが原因の場合を除けば、

ヒップが下がって見えるのは、

骨盤のゆがみに原因があるケースが多いのです。

 

ですから、

骨盤のゆがみを治せば、

広がっていた腰は締まってきて、

しかも背骨も真っすぐになってきます。

 

その結果、

垂れぎみだったお尻も

キュンと上がってくるのです。

 

腰が締まってくるので、

形のよいお尻に変身できます。

 

また、骨盤のゆがみが解消すると、おなかのぜい肉も取れてきます。

腰まわりがスマートになるといえるでしょう。

スポンサーリンク

 

ヒップアップのためのテーピング療法はお尻に貼ります。

5cm幅のテープを使って、

左右のお尻に一本ずつ、斜めに貼りましょう。

 

この場合は、必ず下から上に貼ってください。

お尻の左右の盛り上がりの下方外側(太もものつけ根辺り)から、

骨盤の中央まで、お尻の丘の頂点を横切るように、

斜めにテープを貼ります。

 

骨盤には仙骨や腸骨などの骨がありますが、

これらの骨を引き上げるようにして、テープを貼ってください。

 

右のお尻は、腰の右下端から中央寄りへと、

左のお尻は、腰の左下端から中央寄りへと、

それぞれテープを貼るのです。

 

そして、補強のためにテープの始まりと終わりに5cm幅のテープを横向きに貼って留めましょう。

 

基本的には左右のお尻に一本ずつ貼りますが、

どちらか一方だけが余計に下がっている場合は、

下がっている方のお尻だけテープを二本平行に、斜めに貼るといいでしょう。

スポンサーリンク

 

テープ療法はO脚の改善やヒップアップ効果もあり美脚になる

テープ療法は、

解剖学の理論に基づいた自然療法です。

痩せる効果があるダイエットテープについてはこちらもご覧ください。

 

 

 

 

テーピングを貼ることで、体は自然と正常な状態に戻ろうとします。

だから、不思議とも思えるような、O脚の改善やヒップアップもできたりするのです。

ただし、1日貼っただけでは、すぐに改善するというわけではありません。

少なくても10日~2週間は続けてもらいたいと思います。