メニエール病の耳鳴りの症状がモロヘイヤの栄養ですっかり改善

Pocket

急なめまいや耳鳴りに襲われたことはありませんか?

ただの疲れや自律神経の乱れで起こる症状であれば数日で良くなりますが、病気と診断されると専門治療が必要になります。

今回は、メニエール病の耳鳴りの症状がモロヘイヤの栄養ですっかり改善して大喜びという65歳男性Hさんの体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

メニエール病と診断!原因も治療法も不明

6年前のある朝、私の体に突然、異常な事態が生じました。

朝、ふとんの上で目を覚ましてみると、前日まではなんともなかった左耳が聞こえないのです。

それに加え、めまいがしてまわりの景色がグルグル回転し、立って歩くことさえままなりません。

さらに、吐きけもおそってきました。

何が起こったのかわからないまま妻に事情を話したところ、「それはたいへん、とにかく病院へ行きましょう」と。

そして即、入院でした。

そこでメニエール病と診断されたのです。

スポンサーリンク

入院は1ヵ月間でした。

医師の話では、2週間ぐらいで先の病状の予測ができる場合が多いらしいのですが、私の場合、それに1カ月の期間を要したのです。

入院中の治療によって、めまいのほうはかなりよくなり、まわりの景色がグルグル回るようなことはなくなりました。

そして何かにつかまっていればまっすぐ歩ける程度にはなりました。

しかし、聞こえなくなった左耳はどうしようもなく、しかも後遺症でしょうか、耳鳴りがするようになったのです。

耳鳴りはとくに朝、起きたときがひどく、耳の奥のほうでジジジジッ、ジジジッという音がいつもしていました。

そしてときどき、キーンという金属音のようなものもまじります。

聞こえないはずの耳に、音がするというのはとても不思議でしたし、また、とても不快でした。

メニエール病は原因もよくわかっていない病気で、決定的な治療法もないようです。

私も半ばあきらめ、耳鳴りをがまんしていました。

メニエール病の対策についてはこちらもご覧ください

スポンサーリンク

モロヘイヤの栄養の効果とは

ところで、私がメニエール病になって1年ほどたったころでした。

もともと血圧の高かった私は、夜中に心臓が苦しくなり、病院に担ぎ込まれたのです。

診断の結果、心筋梗塞ということで手術をし、4ヵ月間入院しました。そしてずっとベッドの上にいたため、便秘になってしまったのです。

それからというもの、耳鳴りに加え、便秘が私を悩まし続けました。

私が粒状のモロヘイヤを飲み始めたのは昨年8月のことです。

飲み始めた理由は、雑誌でモロヘイヤの広告を見て便秘によさそうだと思ったからでした。

また、身長158cmの私は体重がふえやすい体質で、それほど多くの食事をしなくてもすぐに体重が65kgほどになってしまいます。

そこで、便秘とダイエットのために、モロヘイヤを利用することにしたのです。

夏に体調をくずし、便通が悪くなっていた妻とともに、モロヘイヤの粒を朝、昼、晩の食事のあとに5粒ずつ、1日15粒飲み始めました。

水などで飲み込んでしまうので、とくに味についてはおいしいともまずいとも感じませんでした。

スポンサーリンク

モロヘイヤの効果についてはこちらもご覧ください

モロヘイヤで便通が良くなり便秘が解消

こうして毎日、モロヘイヤの粒を飲み続けたところ、1ヵ月ほどで妻の便通がよくなってきました

そして妻に遅れること1ヵ月

私にも毎日、便通がつくようになったのです。

モロヘイヤで耳鳴りが消えた

また、便秘がよくなったころからだと思いますが、不思議なことに、私の耳鳴りが小さくなってきたのです。

徐々に耳鳴りの音は小さくなり

回数もへってきて

11月の終わりにはすっかり治ってしまいました

ある日突然ということではありませんが

そういえば最近、耳鳴りが聞こえにくくなってきたかな、という感覚です。

何も聞こえない耳に戻ることがいいことなのかどうか、とても複雑な気持ちでしたが、とにかく不快感から解放されたことはよかったと思っています。

便秘もよくなり、耳鳴りも治ったのはモロヘイヤのおかげだと思い、これからも飲み続けていこうと思っています。

スポンサーリンク

モロヘイヤは食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富

耳鳴りや難聴、めまいなどを起こす

メニエール病の原因は、いまのところハッキリとは解明されていません

それだけに、モロヘイヤがどのように関係するか、くわしくは不明です。

しかし、ひとつには便秘の解消が、なんらかの形でかかわっていることが考えられます。

便通が悪いと体調をくずしやすくなりますが

食物繊維をたっぷり含むモロヘイヤは、便通を促すために効果を発揮します。

さらに、モロヘイヤには、各種のビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

こうしたモロヘイヤの栄養的な利点が、の体調を整えるための一助になったのでしょう。

メニエール病は治りにくいケースも多いので、気長に治療を続けることが大切です。

同時に、補助的な健康法として、モロヘイヤで栄養を補給するとよいでしょう。

モロヘイヤの効果についてはこちらもご覧ください