頭痛を解消したい!頭痛の種類を知りストレスや疲労を取り除こう

Pocket

頭痛に悩まされていませんか?

忙しい現代社会の中、ストレスや疲労がたまり、頭痛に悩まされている人は少なくありません。

今回は、頭痛の対処法の一つをご紹介します。

スポンサーリンク

頭痛の原因を知り、頭痛の種類による対処を

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

頭が痛い」といってもいろいろな痛み方があり、痛くなる頻度や伴う症状もいろいろあります。

原因は

睡眠不足、気候の変化、ストレス、生理痛、二日酔いなどさまざまです。

頭痛には

原因によっていくつかの種類があります。

頭の中の血管の拡張によって周囲の神経が刺激されて痛む片頭痛

首や肩、頭の筋肉が緊張することによって筋肉の血流が悪くなり、その周囲の神経が刺激されて起きる緊張性頭痛

目の後ろにある動脈が拡張して炎症を起こし片側に痛みを起こす群発性頭痛

などがあります。

今回は、「緊張型頭痛」を軽減する運動を紹介していきます。

スポンサーリンク

頭痛が治らない場合の嘔吐や高熱やけいれんはすぐに病院へ

しかし、頭痛を引き起こす原因はさまざまで、クモ膜下出血や脳腫瘍、脳梗塞など危険なものもあります。

これまで経験したことのないような強い頭痛が突然表れたり、手足のまひやしびれ・けいれんや、激しい嘔吐、高熱などを伴う頭痛が起きた時は、すぐに専門機関を受診してください。

頭痛で後頭部が痛む場合は、身体的・精神的ストレスが原因!?

PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V

緊張型頭痛は

慢性的な頭痛の中で最も多く見られ、年齢や性別に関係なく発症し、後頭部や首筋を中心に頭全体が締め付けられるような鈍い痛みが起こります。

緊張型頭痛の原因とは

原因には

長時間のデスクワークやパソコン操作、うつむき姿勢、車の運転、就寝時の合わない枕など、不自然な姿勢を長い問続けることや運動不足などから、首筋から肩にかけての筋肉が収縮して凝った状態になり頭痛を引き起こす「身体的ストレス

仕事や家庭などの心配事により神経や筋肉の緊張が高まり、頭痛を引き起こす「精神的ストレス」が挙げられます。

スポンサーリンク

頭痛の予防対処法はストレスの解消

緊張型頭痛を予防するためには

心身のストレスを上手に解消することが大切です。

ストレス対策についてはこちらもご覧ください。

日ごろから適度な運動を行い、同じ姿勢を続けないように心掛け、時々背筋を伸ばしたり、肩を回すなどして、頭、首、肩の筋肉をほぐすことを意識しましょう。

1日の終わりに、ゆっくりとお風呂につかったり、首や肩をマッサージするのも効果的です。

ゆったり、のんびりした時間を持つことが何よりの予防であり、治療につながります。

ストレス対策についてはこちらもご覧ください。

頭痛を治す方法(頭痛改善体操)

緊張型頭痛は

身体的・精神的ストレスから首や肩の筋肉が持続的に緊張して、凝り固まったような状態(首こり・肩こり)となり、頭痛が起こりますが、この筋肉の緊張をほぐすのにストレッチは有効です。

同じ姿勢をとることが多い人は、首の後ろが硬くなっていないかチェックし、ストレッチを行ってみましよう。

スポンサーリンク

首の側屈方向ストレッチ

背筋を伸ばした状態で、首を傾ける反対側の肩を手で押し下げ固定し、ゆっくりと首を傾けていく。

%e9%a0%ad%e7%97%9b%e4%bd%93%e6%93%8d%ef%bc%92

首の斜め下方向ストレッチ

背筋を伸ばした状態で、斜め下を見るように手でゆっくりと頭を傾ける。

%e9%a0%ad%e7%97%9b%e4%bd%93%e6%93%8d

※ それぞれ息を止めずに10秒間保持し、逆方向も同様に行う。

※ 無理に力を入れず、痛みのない範囲でゆっくり優しく行う。

頭痛を解消するツボについてはこちらもご覧ください。

スポンサーリンク

おすすめトピック



シェアお願いします!

フォローお願いします!