弁当のおかずにやせる食べ物を!レバーペーストのパントテン酸とは

Pocket

こんにちは。akapです。

弁当を買う時、食べる時に気をつけていることありますか?

できるだけ野菜を取るとか、カロリーを気にするとかその程度ですかね。

日頃の生活で弁当を食べることもあると思います。この知識知っておきたいですね。

やせる食べ物を食事にプラス(“ちょい足し”)の「弁当」編です。

パントテン酸で代謝を上げる&善玉コレステロールを増やす

揚げ物や肉など、油分が多いお弁当は、体脂肪が心配ですよね。

そこで、レバーペーストが活躍です。

えっレバーぺースト?と思われそうですが、

主成分のパントテン酸は糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変えるときに欠かせない重要な補酵素(コエンザイムA)をつくるので、お弁当のいろいろな糖分や油分を2~3倍も燃えやすいエネルギーに転換してくれます。

また、体に溜まったコレステロールを肝臓に持ち帰ってくれる善玉コレステロールを増やす効果もあります!

チュ—ブタイプのものを「マイレバペ」として持ち歩けばいつでも、どこでも燃焼&血液サラサラになりますよ!

スポンサーリンク

やせる!食べ物“ちょい足し”食材は【レバーペースト

レバーペースト

鶏、牛、豚などの肝臓を加熱処理してペースト状にしたものです。

レバーでは、鶏、豚、牛の順にパントテン酸の量が多いです。

効能・効果

1.レバーペーストのパントテン酸は、糖分や油分をエネルギーに変えてくれる効果があります。

2.パントテン酸には、体に溜まったコレステロールを善玉コレステロールに変えてくれる働きもあります。

弁当の選び方

ごはん:おかずの分量は、ごはん(4):おかず(6)を目安にすると良いです。

成分的には、タンパク質(15):脂質(25):糖質(60)のバランスが良いとされています。

弁当のカロリー&満腹時間は?

○幕の内弁当
 カロリー:943kcal 満腹時間:240min

○のり弁当
 カロリー:658kcal 満腹時間:180min

○豚生姜焼き弁当
 カロリー:926kcal 満腹時間:240min

○唐揚げ弁当
 カロリー:946kcal 満腹時間:360min

○ロースかつ弁当
 カロリー:932kcal 満腹時間:360min

○シャケ弁当
 カロリー:543kcal 満腹時間:240min

スポンサーリンク

「幕の内弁当を食べているときのやせるコツ」こんなとき選ぶならどっち?

やせる一品はどっち?

「ところてん(黒蜜)」or「糸こんにゃくの煮つけ」

★「糸こんにゃくの煮つけ」

糸コンニャク

黒蜜は糖質でカロリーも高めなので、肥満の原因になります。糸こんにゃくは食物繊維が豊富で低カロリーのためです。

こんにゃくのダイエット効果は以下にも紹介しています。

▶食事はそのままでコンニャクダイエット

▶一週間で二回コンニャク料理を食べて一年半で15kg減量

やせるクッキーはどっち?

「セサミクッキー」or「胚芽クラッカー」

★「胚芽クラッカー」

クラッカー

クッキーには砂糖が含まれているけれど、クラッカーは糖質控えめで胚芽の食物繊維効果もあるためです。

やせる飲み物はどっち?

「ブラックコーヒー」or「ストレートティー」

★「ブラックコーヒー」

ブラックコーヒー

ブラックコーヒーは、カフェインが豊富で、脂肪を燃焼させる効果もある分、ダイエット的に良いためです。

まとめ

吸収されにくいでんぷんを増やすなら、冷やご飯を選ぶのがコツです。