糖尿病/中性脂肪 脳梗塞/動脈硬化

コレステロール値が下がり記憶力が良くなった秘密は大豆とミルク

2017/06/29

Pocket

 

病気になって健康のありがたさを痛感しませんか?

軽い病気であれば完治しますが、重い病気であるとショックは大きいものです。

今回は、コレステロール値が下がり記憶力が良くなった秘密は大豆ミルクと話す、44歳男性会社員の方からの体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

 

脳梗塞で倒れ後遺症が残った

今から5年前

私は39歳の働き盛りの時期に脳梗塞で突然倒れてしまいました

 

名古屋に単身で赴任していたときのことです。

幸い、同僚に連れられて病院に運ばれましたが、右半身マヒと言語障害は残ってしまいました。

 

後遺症のほうは

その後励んだリハビリのおかげで

なんとか仕事に復帰できるまで回復しましたが、この一連の出来事は本当にショックでした。

 

そして、健康な体のありがたみを切に感じるようになったのです。

スポンサーリンク

 

脳梗塞の予防についてはこちらでも紹介しております。

 

 

 

 

高血圧

実は、私は母親ゆずりの高血圧

脳梗塞で倒れたときも

病院から降圧剤をもらっていました。

 

しかし

仕事が忙しいため

飲み忘れることがよくあったのです。

 

脳梗塞の原因は、こうしたことにあったかもしれないと反省し、それからはずっと、病院から出された降圧剤と、血流をよくするための薬を飲むようにしました。

 

しかし、

薬をきちんと飲むようになってからも

血圧はなかなか下がりませんでした。

 

会社や病院での定期的な検査では

最大血圧が170ミリ前後、最小血圧が97~100ミリと少し高めの値が続いたのです。

(正常値は最大血圧が100~140ミリで、最小血圧が60~90)

 

コレステロール値や中性脂肪も高め

また、コレステロール値や中性脂肪値も正常値よりは高めでした。

 

病院の薬を飲んでいるので

そんなに心配しなくてもいいとは思いましたが、やはり気にはなりました。

 

そんなとき、昨年の10月に知人から大豆レシチンのことを教えてもらったのです。

スポンサーリンク

 

高血圧やコレステロールの改善についてはこちらも紹介しております。

 

 

 

大豆レシチンは動脈硬化や高血圧に効果あり

大豆レシチンは、

動脈硬化や高血圧に効果があるそうです。

 

そこで、私はさっそく手に入れて、その日から飲み始めることにしました。

大豆レシチンは顆粒になっています。

そのまま、それを飲んでもいいのですが、私は毎朝飲む牛乳に入れて飲むことにしました。

コップ一杯の牛乳(約200ml)に、粉末の大豆レシチンを山盛りの大さじ一杯分入れて、大豆ミルクにするのです。

味は生の牛乳と、たいして変わりはありません。

スポンサーリンク

 

大豆の効果

そして数力月が経過したとき

効果のようなものがでてきました。

 

病院で血圧を測定したら

上が148ミリで、下が87ミリに下がっていたのです。

また、気になっていたコレステロール値や中性脂肪値にも変化が現れました。

 

コレステロール値や中性脂肪が下がった

去年の11月に調べたときは

コンステロール値は、238と正常値(160~219ミリ)をやや上回る結果でした。

 

しかし、今年の初夏には

185ミリと正常範囲内になり

中性脂肪値も151から69ミリに下がりました。

(正常値は30~150ミリ。

 

病院からもらう薬はずっと同じものですし、食事や嗜好に変化はありません。

思い当たるのは、大豆ミルクを飲み始めただけなのです。

きっと大豆ミルクは私に合っていたのでしょう。

スポンサーリンク

 

記憶力の向上

こうした変化のほかに、記憶力がよくなった気もします。

 

私の勤める職場では

朝にその日のスケジュールをいい渡され

それにそって仕事をこなすのですが

以前は一日分の仕事のスケジュールをいわれても、メモをしないと忘れていました。

 

しかし

最近は聞くだけで頭の中に刻まれるようで、メモしなくても行動ができるようになったのです。

 

気の持ちようなのかも知れませんが、大豆ミルクで、物忘れが解消されているのならば、これほど心強いことはありません。

 

余談ですが

38歳になる私の妻も大豆ミルクを飲んで「最近は小ジワがへった」ようだと喜んでおります。

これからも、毎日続けて大豆ミルクを飲んでいきたいと思います。

 

大豆の効果についてはこちらでも紹介しております。

 

 


はつらつと長生きしたい方に卵黄レシチン習慣を!!
 

 

大豆は血圧を下げ神経機能を改善する効果がある

大学病院医師よりアドバイスを伺いました!

 

大豆ミルク

過剰摂取による害がないかわりに

劇的に効くというようなこともありません。

 

そのぶんおだやかな効果が期待できますが、血圧降下剤と平行して大豆ミルクを飲んだ結果、血圧が下がっています。

スポンサーリンク

 

大豆レシチンの作用

血管中のコレステロールがへり、血管に弾力がでたため、血圧が低下したと考えられます。

大豆ミルクのよさは、このようなおだやかな作用が体質を改善し、症状をよくすることです。

 

大豆レシチンには

神経機能を改善する効果があることが実験で証明されています。

大豆 レシチン ガルシニア配合(約3ヶ月分)オーガランド
 

スケジュールを記憶できるようになったのは、こうした効果が現れたのでしょう。

また、コレステロール値が下がり、血行がよくなったことも、脳の機能によい影響を与えると考えられます。

大豆レシチンには神経機能を改善する効果がありますから、言語障害などの運動神経機能の向上にもよい結果が期待できます。

 

大豆と牛乳の効果についてはこちらもご覧ください