「魚料理」でやせる効果がある食べ物は豆腐!大豆のイソフラボン効果

Pocket

こんにちは。akapです。

痩せる食べ物を食事にプラス(“ちょい足し”)の「魚料理」編です。

「魚料理」でやせる効果がある食べ物!豆腐の大豆イソフラボン効果についてお話しします。

スポンサーリンク

燃焼効果に自信あり豆腐の大豆バワー

基本、魚の脂は体に必要な栄養素を含んでいるので、積極的に摂りたいものだけど、ダイエッターには少し気になるところ。

そんな時には、冷奴をプラスです。

豆腐の原料・大豆のサポニンが、脂肪を燃やし、血中コレステロールを下げてくれます

魚に豊富なEPA(エイコサペンタエン酸)も同様の働きがあり、サポニンとの相乗効果で、脂肪の燃焼効果が2倍も3倍も高まります。

さらに、豆腐のビタミンEが血行を促進するので、魚に含まれる脂質もスムーズに分解、燃焼してくれます。

ヘルシーで脂肪に効く成分の宝庫。豆腐でおいしくスリムなボディを完成させちゃいましょう。

やせる!食べ物“ちょい足し”食材は【冷奴

bsFCFNI_ankaketouhu

豆腐は「畑の肉」といわれるほど、たんぱく質が豊富です。

絹ごし豆腐と木綿豆腐では、絹ごし豆腐のほうがやや低カロリーです。

 

効能・効果

1.豆腐の大豆サポニン、ビタミンEが脂肪の燃焼をサポートしてくれます。

2.大豆イソフラボンの効果で代謝アップ。燃焼効果を高めて、やせやすい体になります。

スポンサーリンク

大豆の効果についてはこちらもご覧ください。

魚料理の選び方

焼く時に、余分な脂が落ち、調味料のカロリーの少ない焼き魚や、刺身のようなシンプルなメニューが良いです。

魚料理のカロリー&満腹時間は?

○刺身の盛り合わせ
 カロリー:105kcal 満腹時間:180min

○焼き魚(サンマ)
 カロリー:241kcal 満腹時間:240min

○ブリの照り焼き
 カロリー:174kcal 満腹時間:240min

○サバの味噌煮
 カロリー:130kcal 満腹時間:240min

○カレイの煮つけ
 カロリー:229kcal 満腹時間:180min

○サケのムニエル
 カロリー:302kcal 満腹時間:360min

スポンサーリンク

 

「焼き魚を食べているときのやせるコツ」こんなとき選ぶならどっち?

やせる和菓子はどっち?

「小倉羊羹」or「わらびもち」

★「わらびもち」

b90f0d42df537ae438dfc715741c46a3_s

どちらも食物織雑が量富だけど、わらびもちは、きな粉との相乗効果で糖貫吸収を阻止するためです。

やせる突き出しはどっち?

「キムチ」or「キャベツのゴマ油和え」

★「キムチ」

kimchi-517357_640

キムチの勝ち。唐辛子のカプサイシン効果で体温上昇し発汗作用など、カロリー消費量も高いためです。

やせる和菓子はどっち?

「炊き込みごはん」or「麦トロロごはん」

★「麦トロロごはん」

e4cfaee21703bb4e9a282ddd6ec9e660_s

麦の繊維と、トロロ芋の繊維のW効果があります。糖質をカットし、コレステロールを調整します。

 

まとめ

満腹時間を持続させるなら脂の多い部位から食べてください。