定食に一品追加で「ほうれん草」を!グルタチオン効果でダイエット

Pocket

こんにちは。akapです。

ほうれん草はどのようにして食べていますか?

おひたしや炒め物にするというイメージが多いですかね。

ほうれん草は体に良いとは聞きますが、ではどのような料理の時に食べれば良いのかというと、それは「定食」です。

やせる食べ物を食事にプラス(“ちょい足し”)の「定食」編です。

スポンサーリンク

栄養の宝庫ほうれん車はダイエット効果もスゴ腕級

比較的栄養バランスのよい和定食ですが、少し脂っこいおかずなどをがっつり食べたい時に、重宝するのがほうれん草のおひたし。

ほうれん草の豊富な栄養分の中でも、注目なのはグルタチオンという成分です。

本来は肝臓で生成される抗酸化アミノ酸のひとつでもあり、強力なデトックス作用や肝臓の働きを強める効果があります。

やや脂が多い定食などには、このほうれん草のグルタチオンが肝臓に脂が溜まるのを防いでくれます

その上、糖質、脂質、タンパク質、すべての燃焼にかかわるビタミンB2も豊富というまさに一石二鳥のちょい足し食材です。

やせる!食べ物“ちょい足し”食材は【ほうれん草

ほうれん草

ビタミンやミネラルなど

抜群の栄養価をほこるほうれん草。

おひたしにすることでえぐみが抜け、食べやすくなります。

スポンサーリンク

効能・効果

1.ほうれん草に含まれるグルタチオン効果で肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐ効果があります。

2.ピタミンB2が、糖質、脂質、タンバク質、すべての燃焼系に効く効果があります。

定食の選び方

主食(ごはん)、主菜(魚、肉などのおかず)、副菜(野菜、海藻などのおかず)は1品ずつが良いです。

定食のカロリー&満腹時間は?

○サバの味噌煮定食
 カロリー:935kcal 満腹時間:240min

○アジのフライ定食
 カロリー:318kcal 満腹時間:360min

○天ぷら定食
 カロリー:457kcal 満腹時間:360min

○焼き魚(サンマ)定食
 カロリー:721kcal 満腹時間:240min

○トンカツ定食
 カロリー:1332kcal 満腹時間:360min

○唐揚げ定食
 カロリー:657kcal 満腹時間:360min

スポンサーリンク

「焼き魚定食を食べているときのやせるコツ」こんなとき選ぶならどっち?

やせるお茶はどっち?

「緑茶」or「紅茶」

★「緑茶」

adfc089d89e59c0203508992220e2e7d_s

同じ茶葉からつくられるけれど、緑茶のほうがカテキンを多く含むので、脂肪燃焼効果があるためです。

お茶の効果についてはこちらもご覧ください。

やせる一品料理はどっち?

「きんぴらごぼう」or「れんこんのきんぴら」

★「きんぴらごぼう」

きんぴらごぼう

どちらもカロリーに差はないけれど、れんこんより、きんぴらのほうが3倍も食物繊維が豊富なためです。

やせるデザートはどっち?

「柚子シャーベット」or「柚子寒天ゼリー」

★「柚子寒天ゼリー」

寒天

乳成分の入ったシャーベットより、ローカロリーの寒天でつくったゼリーのほうがヘルシーなためです。

まとめ

グルタチオン効果を上げるなら、おひたしを先に食べるのがコツです。

スポンサーリンク

おすすめトピック



シェアお願いします!

フォローお願いします!