からだ守り隊

何をするにも体が資本!体に取り入れるもので、本当に体に良いとされる情報を医学的根拠や体験談などをもとに発信するサイトです。

サイト内検索

ストレス/うつ病/心の病

納豆は健康に良くストレス解消に役立つ食べ物!脳の快感ホルモンを分泌

2017/10/10

Pocket

 

こんにちは。akapです。

だれでも、健康で若さを保ち、病気に無縁な人生を送りたいですよね?

そのためには「快感ホルモン」をたくさん分泌させる、前向きなプラス発想の生き方をしていかなければなりません。

今回は、ストレス解消する食べ物!脳の快感ホルモンを分泌する納豆とタラについてお話しします。

スポンサーリンク

 

快感ホルモンについて

快感ホルモンについてはこちらもご覧ください。

 

 

快感ホルモンに必要なものとは

快感ホルモンに必要な、もう一つ重要なことがあります。

それは、良質なたんぱく質をしっかり取る事です。

 

なぜなら、たんぱく質が快感ホルモンの材料になるからです。

たんぱく質は20種類のアミノ酸からできています。

 

その20種類のうち

8種類のアミノ酸(必須アミノ酸)は体の外から取り入れないと、体の中では作れないものです。

 

快感ホルモンをたくさん出せば

それだけ材料となるアミノ酸が足りなくなるので、良質のたんぱく質を食事できちんと摂取することが必要になります。

スポンサーリンク

 

好きなものを食べるは良いことだけど

好きなものを食べると、脳も喜び快感ホルモンをたくさん出してくれます。

 

しかし、

「好きなものだけを食べる」

「食べたいだけ食べる」

というのでは

脂肪の取り過ぎになり、快感ホルモンの利点と脂肪の怖さを考え合わせるなら、高たんぱく質・低脂肪の食事をするのが良いとされています。

脂肪の取り過ぎは、成人病への近道となりますので要注意です。

 

納豆ごはんは良い組み合わせ

f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_s

お勧めは、やはり体に良いとされる「納豆」です。

納豆は、日本が生んだ最高の自然食品といえます。

 

味噌もそうですが

大豆を使った食品は、アミノ酸のバランスにすぐれ、快感ホルモンの材料としては最適です。

 

とくに

納豆とごはんの組み合わせ

米に少ないアミノ酸を納豆が補い、納豆に足りないアミノ酸を米がもっているので、お互いに欠点を補って最高のバランスとなります。

スポンサーリンク

 

深海タラはリラック効果と集中力が高まるα波がでやすい

cod-733587_1280

食品の中には

α波が出やすくなるものがあります。

深海タラの内臓から作られた食品です。

 

このα波は

古くから伝わる禅やヨガでの瞑想で、心身がリラックスし、精神集中が高まっている状態の時に出るのがα波といわれています。

 

脳波がα波になっているときは、快感ホルモンがたくさん出ていることになります。

 

この深海タラ食品を食べると

プラス発想や瞑想をしたのと同じような効果が得られるといわれています。

ですから忙しい現在人にとってはありがたい食品ともいえますね。

 

快感ホルモンを十分に分泌させるために、納豆をはじめとする大豆食品や深海タラ食品を含めた食生活に取り入れるといいですよ。

 

快感ホルモンについてはこちらもご覧ください。