黒豆は栄養がありダイエットに効果的で抜け毛と白髪を予防する!

【ハゲ/抜け毛/白髪】

 

あなたは食生活に黒豆を取り入れていますか?

黒ゴマや黒豆など黒い食べ物は体にいいといわれていますよね。

黒豆など積極的に取り入れて健康に過ごしていきましょう。

 

今回は、黒豆の栄養がダイエットに効果的で髪の毛に栄養を与えパサつきや白髪・髪の毛が抜けるのを予防する黒豆の効能についてお話しします。

スポンサーリンク

「腎」が弱わると白髪や髪トラブルが起こりやすい

薬膳の基本的な理論である「五行説(ごぎょうせつ)」では、食物の色と体の各臓器とに密接な相関関係があることが説かれています。

 

たとえば

カボチャや大豆など黄色いものは五臓六腑(ごぞうろっぷ)のうち牌(ひ)や胃を。

ラッキョウやダイコンなど白いものは、肺や大腸を

元気づけるとされているのです。

 

この理論により

黒い食品は腎(じん)や膀胱(ぼうこう)を活気づけ、その働きを整えることが知られています。

 

漢方でいう「腎」は、西洋医学でいう腎臓の働きばかりでなく、生殖器系、内分泌系、中枢神経系などの機能を包含する、私たちの心身にとってたいへん重要な器官です。

 

私たちの「精」、つまり、生きるエネルギーを宿す器官が腎とされているのです。

ですから、腎の働きが衰えると、私たちは元気を失い、最悪の場合は生きていけなくなります。

腎は、髪や骨、耳などをつかさどる器官でもあります。

 

したがって、腎が弱ると

・若白髪

・病的な白髪

・脱毛

・枝毛

・髪のぱさつきといった髪のトラブル

・腰痛

・ひざ痛といった骨や関節の症状

・耳鳴りなどの耳の不調

にも襲われやすくなります。



美容内科医/毛髪診療医が監修した白髪・薄毛【ブラックサプリ】
 

これらの症状が気になる人は、日ごろの食生活に、黒い食品を多く取り入れていくとよいでしょう。

スポンサーリンク

腎(じん)を元気づける黒い食品

腎(じん)を元気づける黒い食品としては

・黒豆

・黒ゴマ

・黒米

・黒砂糖

・コンブ

などがありますが、なかでもおやつやおかずとしてとりやすいのが「黒豆」です。

黒豆ときな粉の焙じ茶 ティーバッグ20個Pack 送料無料
 

黒豆には

・消化を助け

・血液循環をよくし

・むくみを取ったり

・有害物を解毒したりする

作用もあります。

黒豆の効果についてはこちらもご覧ください

20年来の頭痛・偏頭痛・肩こり・便秘が2ヶ月で解消した黒豆の効果!
頭痛や肩こりで苦しんでいる人は多いのではないでしょうか? ついつい鎮痛剤や薬などに頼り気味になりますが根本から改善したいですよ...
酢と黒豆は減量に最適な食材!肥満や病気を予防する健康食品
酢と黒豆を使ったダイエットは知っていますか? これがダイエット効果はもちろんですが、健康にも良いのです。 今回は、酢と黒豆は減量...

 

ちなみに、中国の有名な生薬学書『本草綱目』には、黒豆について次のように記されています。

「黒豆は腎に入り効が多いので水(すい)を治し、脹れを消し、気を下し、風熱(ふうねつ)を制して血を活かし、毒を解くことができる」

 

つまり

むくみやのぼせを取り、感染症や発熱を治し、血行をよくして解毒作用も有するというわけです。

スポンサーリンク

女性の健康管理に役立つ「黒豆の効能」

このほか、黒豆は、女性にとってうれしい作用をたくさんもっています。

 

そのひとつは、漢方でいう「唹血(おけつ)」を除いてくれることです。

唹血とは、血液が本来の通り道である血管の外に出てしまい、そのまま滞った古いものをいいます。

 

女性は、生理があるために唹血が生じやすく、そのことが婦人科系のいろいろな病気の引き金になる場合が少なくありません。

 

日常、黒豆を食べるように心がければ、こうした唹血の排出が促され、女性の健康管理に大いに役立ちます。

 

黒豆は、女性に多い便秘の解消、ひいては吹き出物の解消にも効果を発揮します。

また、顔色をよくし、肌を白くする作用があり、美容食にもなります。

黒豆の効果についてはこちらもご覧ください

関節痛、便秘、冷え性に効く食べ物は「炒り黒豆」
こんにちは。akapです。 関節痛や冷え性は辛いものですよね。 関節痛、便秘、冷え性に効く食べ物は「炒り黒豆」であったと...

 

さらに、産後のいろいろな不調を治す働きがあるので、女性は出産後にも黒豆をとるように努めるとよいでしょう。

スポンサーリンク

黒豆はカロリーが低く栄養がいっぱい

栄養学的にも、黒豆は、良質なたんぱく質とビタミンB群、カルシウムなどを含み、低脂肪でバランスのよい食品です。

ですから、ダイエット中の食生活に活用すると、カロリーを抑えながら栄養を補給でき、減量中に狂いやすい体調を整えるのに役立ちます。

 

黒豆のレシピ

黒豆というと、お正月にしか食べないという人も多いと思いますが、それは残念なことです。

 

私は、節分にも普通の大豆でなく、黒豆をたべることを皆さんにおすすめしています。

冬は腎のエネルギーが低下しやすいので、寒の強い時期、家族で黒豆をたべるのはたいへんよいことです。

もちろん、ほかの季節にも、炒り豆や煮豆、黒豆入りのごはんやおかゆなどで、積極的に黒豆をたべていただきたいと思います。

スポンサーリンク

もっと手軽にとりたい場合

黒豆を黒ゴマとともに炒って粉砕して、お湯などに溶いた黒豆のおしるこや黒豆のスープにしてもよいでしょう。


黒豆粉末(100g)天然ピュア原料そのまま健康食品
 

これをハトムギ茶で溶けば、利尿作用によってダイエット効果が増します

また、夏にはそうめんやそばのだしに入れて一緒に食べるとよいでしょう。

 

風邪のときは、少量のショウガを煎じたショウガ湯で溶けば、カゼを治す効果が加わります。

黒豆のダイエット効果についてはこちらもご覧ください

ダイエット朝食代わりに黒豆!リバウンドもなく1ヶ月半に6キロ減量
ダイエットしてもリバウンドしたという経験ありませんか? 黒豆はダイエット効果があり体に良いというのは過去記事でも述べていますが...
ダイエット成功率90%!口コミが多い酢と黒豆を使ったダイエット
無理なダイエットはしてませんか? 健康的にダイエットで成果を出したい!誰もが願う事です。 今回は、口コミが多くダ...
スポンサーリンク

 

ただし、黒豆さえとっていれば健康になれる、ダイエットできるというわけではありません。

バランスのとれた食生活の中で、黒豆を役立ててください。

 

黒ゴマとともに飲み物にする方法も、従来とっていた糖分や脂肪の多い菓子類をやめ、代わりの補助食品としてとるという考え方が大事です。

 

また、黒豆の飲み物ばかりでなく、歯ごたえのある炒り豆も少量ずつとるようにするとよいでしょう。

黒豆のしるこスープについてはこちらもご覧ください

綺麗に痩せるダイエット法!ダイエットレシピ「黒豆おしるこ」の作り方
ダイエットと健康管理に役立つ黒豆おしるこは、家庭で簡単に作れます。 まとめて作って保存しておくと便利です。 今回は、綺麗...

コメント