顔マッサージの方法!肌にハリが出て美肌になる美顔マッサージの効果

【美肌/肌荒れ/ニキビ】

空気が乾燥してくるこれからの季節、肌には常に気を配っていたいものです。

そこで、今回ご紹介したいのが、オイルを使った美顔になる方法の顔マッサージです。

 

単に肌を刺激するだけでなく、肌の老廃物の排出を促して、新陳代謝をさらに活発にしてくれるので、体の中から肌がきれいになってきます。

 

毎日続けていると、肌のシミ、シワ、たるみなどに大変有効なばかりか、肩から上の部分の緊張をやわらげて、不眠症や頭痛、疲れ目、肩こりなどの解消にも役立ちます。

 

今回は、顔マッサージの方法!肌にハリが出て美肌になる美顔マッサージの効果を紹介します。

スポンサーリンク

顔マッサージをする前に

顔マッサージをする前に、洗顔をして、汚れや余分な脂分を取っておきましよう。

 

タオルで水分をしっかりふき取ったら、オイルを手のひらに2、3滴垂らします。

手によくなじませます。

そして、顔全体にまんべんなく伸ばしましよう。

オイルはマッサージ用のオイルが最適ですが、市販のベビーオイルなどでもかまいません。

スポンサーリンク

顎(あご)のマッサージのやり方と効果

<顎(あご)マッサージの方法>

すべてのマッサージのいちばん最初に行うのが、あこのマッサージです。

唇のすぐ下の部分を指でなぞると、ちょうど歯と歯茎の境目の部分に溝があるのがわかると思います。この溝に沿ってマッサージをしましよう。

 

まず、溝の左右中央の部分に両手の中指の先を揃えて当てます。

そのまま溝に沿って、唇の左右両端まで指先を滑らせてください。

このあと、再び指先を溝の中央まで戻します。

そして、指先を溝の上で往復させるようにして、約1分間マッサージをくり返します。

動作が左右対称になるようにするのがコツです。

 

<顎(あご)マッサージ効果>

口元のシワを伸ばし、あごの線をすっきりさせるほか、歯茎を適度に刺激して、歯周病予防に効果的です。

頬(ほお)のマッサージのやり方

<頬(ほお)マッサージの方法>

左右の目頭のすぐ下に中指の先を当てます。

まず、そこから唇の両わきに向かって、左右対称に指先を滑らせてください。

このあと、指を滑らせる始点は変えないで、ほお骨、

耳の上端と、

終点を徐々に上にずらしながら、約1分間マッサージを続けます。

 

<頬(ほお)マッサージ効果>

ほおのたるみを引き締めて、張りを与えてくれるマッサージです。

スポンサーリンク

鼻と目の周りのマッサージのやり方

<鼻と目の周りのマッサージの方法>

まず、左右のまゆ頭のすぐ下に中指の先を当てます。

そのまま指先を小鼻の両わきまで滑らせてください。

次に、目を閉じて、左右の目頭のすぐ上に中指の先を当てます。

そして、眼球のカーブに沿って上まぶたの上を目じりまで指先を滑らせましょう。

終わったら、目をつぶったまま、今度は左右の目頭のすぐ下に中指の先を当てます。

同じように眼球のカーブに沿って、下まぶたの上を目じりまで指先を滑らせてください。

以上の動作を約1分間ずつくり返しましょう。

 

<鼻と目の周りのマッサージ効果>

鼻や日の周りのシワを伸ばして、顔全体が若返ります。

スポンサーリンク

こめかみと額のマッサージのやり方

<こめかみと額のマッサージの方法>

まず、両手の親指で左右のあご骨を支え、左右の眉尻に人差し指と中指を当てます。

そのままカーブを描くように、耳のつけ根まで左右同時に指先を滑らせます。(図2)

再び眉尻に戻り、同様のマッサージを約1分間行います。

目の疲れが取れ、スッキリします。

 

今度は同じ指を、まゆ頭の上にそれぞれ当てます。

指の腹全体を使って、髪の生え際まで、左右交互に指を動かします。

少しずつ位置をズラしながら、額の両端までマッサージしましょう。

再びまゆ頭にの上に戻り、同様のマッサージを約1分間行ってください。

 

<こめかみと額のマッサージ効果>

額にハリが出てツヤが良くなります。

頭部のマッサージのやり方

<頭部のマッサージの方法>

前頭部の真ん中に、両手の指先を立てて当てます。

 

そのまま指先に軽く力を入れながら、4~5回円を描くようにマッサージします。

少しずつ位置をズラしながら、耳の後ろの髪の生え際まで、側頭部を約1分間、もみほぐします。

次に、今度は頭頂部に両手の指先を立てて当てます。

同様にマッサージをして、髪の生え際まで後頭部をもみほぐします。

約1分間行いましょう。

 

<頭部のマッサージ効果>

頭の血行を良くして肌をきれいにします。

(美肌効果に期待が持てます)

頭痛や不眠症の解消にも効果的です。

スポンサーリンク

仕上げのマッサージの方法

<仕上げのマッサージの方法>

まず、両手のひらを額の真ん中に当てます。

顔の中心から外側へ手のひらを滑らせます。

少しずつ位置を下げながら、あごまで同様に行います。

 

次に、両手の手のひらを首の後ろに当て、

首をはさむようにして、首の前まで手のひらを滑らせます。

この一連の動作を5回行いましょう。

今度は、胸元に右手の手のひらをあて、

そのまま左のわきの下まで滑らせます。

右側も同様にして、10回ずつ行いましょう。

 

<仕上げのマッサージ効果>

老廃物を回収し、肌の新陳代謝を高めます。

スポンサーリンク

顔以外のマッサージでむくみや代謝を高める方法

ここまでは美顔マッサージを中心にお話ししてきましたが、ついでに胃腸のマッサージも紹介しておきますね。

顔マッサージのついでに胃と腸のマッサージでむくみやくすみを解消し新陳代謝を高めましょう。

胃と腸のマッサージ

<胃と腸のマッサージの方法>

まず、おへそを中心に、左手で時計回りにマッサージします。同時に、右手は下腹部を下から上に向かってなで上げます。

次に、左右の手を腰骨に当て、また下に向かって下腹部をマッサージします。

それぞれ約1分間ずつ行いましょう。

 

<胃と腸のマッサージ効果>

胃腸の血行を良くし、肌のむくみやくすみを解消します。

 

老廃物を回収するマッサージ

<マッサージの方法>

まず、おへその両わきに左右の手を当て、足のつけ根に向かって、内側にカーブを描きながらなで下ろします。

次に、両ひざの内側に左右の手を当てます。

そのまま太ももの内側を通って足のつけ根までなで上げます。

それぞれ約1分間ずつ行いましょう。

 

<マッサージ効果>

体内の老廃物を回収し、新陳代謝を高めます。

 

以上が、肌にハリが出てシミ・シワ・むくみを解消し小顔になれる美顔マッサージやり方です。

ぜひお試しください。

あなたにおすすめ

顔・頭のマッサージはこちら▼

円形脱毛症が頭のツボマッサージで刺激したら髪の毛が生えてきた!
毛髪は本来、直射日光や寒気、外傷などから頭部を保護するためにあります。現代においては本来の役割よりも色や形、量などが重視されるようになりまし
顔のむくみや目の下のシワが取れ化粧ののりが良くなったマッサージ!
顔のむくみや目の下のシワが気になってる方はいませんか? 一刻も早く解決したいものですよね。 今回は、毎日のマッサージで顔
目尻・額・眉間・頬のシワを取る方法!美肌の美顔を作るマッサージ法
目尻にできた笑いジワ、口元の小ジワなどのシワは、女性にとって、悩みの種です。 いったんシワができたら、もう治らないものだと、あ

コメント