酵素の食べ物で病気が治る!酵素の摂取は体の働きに重要な役割がある

Pocket

「酵素」という名前の飲み物や食べ物が、注目を集め、話題になっています。

酵素の食べ物を食事で摂取したら、さまざまな不快症状や不調が改善された、あるいは病気がよくなった、などの体験者が続出し、そのすばらしい威力が知られてきたからです。

今回は、酵素の食べ物で病気が治る!酵素の摂取は体の働きに重要な役割がある理由についてお話しします。

スポンサーリンク

酵素の役割とは?酵素が不足すると体に不調が現れる

酵素の役割とはなんでしょうか。

私たちは、肉や魚

野菜などを食べていますが

それを私たちの体で使いやすい形に消化、吸収し、さらには、私たちの体に特有の形の血液や筋肉をつくるときに働いてくれるのが酵素です。

例えば

胃から分泌されるペプシンという酵素は

たんぱく質をアミノ酸とポリペプチドという物質に分解して、私たちの体に取り入れやすい形にしてくれています。

つまり、肉や魚などの食べ物を、使いやすい栄養に変える「消化」

そして、その栄養を自分の筋肉や臓器につくりかえる「同化」などに不可欠の働きをしてくれるのが酵素の役割なのです。

脳と神経系によって

命令が全身に正確に伝達されたり

全身状態を調整し肉体を維持

修復したりする働きにも

酵素が重要な役割を果たしています。

スポンサーリンク

人間だけでなく、すべての生命体が酵素を持ち、その働きによって肉体と生命を養っているのです。

例えば、緑色の植物が光合成(植物が太陽の光を利用して、二酸化炭素と水から、でんぷんをつくること)をするときも、無数の酵素が働いていることが知られています。

さきに述べたとおり

酵素は私たちの体内で合成されているのですが、毎日食べる食べ物に含まれる酵素が、その重要な材料として用いられていると考えられます。

このような人間の体に有益な酵素の種類は、何億とも何兆ともいわれているほどです。

しかし、現代に生きる私たちは

食べ物から得る酵素も、体内で合成される酵素も、ともに不十分になっていることが懸念されています。

特に、

・過食

・偏食

・過労

・ストレス

などが原因となって体の働きが衰弱し

そのために酵素を摂取し合成する能力が低下しているおそれがあります。

また、

・環境汚染

・季節と無関係につくられる野菜や果物

・加工食品

・インスタント食品

・農薬の多用

などの要因も酵素を摂取し、合成する能力を低下させていると思われます。

スポンサーリンク

酵素が不足するとどうなるか?

酵素が不足すると、体は本来の働きができなくなり、不調や症状が現れるのは当然かもしれません。

例えば

現代人に多い半健康状態や肩こり、便秘、イライラ、吹き出物、肌荒れ、疲労感、体のだるさ、肝臓障害、不眠、頭痛、頭重感、肥満、血圧の異常、更年期の症状、冷え症などは、酵素の不足と無関係でないのではないかと指摘されているところです。

さらには、アレルギーをはじめとする難治の病気などとの関連も疑われています。

このように考えると、酵素は、いわゆるビタミン、ミネラル、食物繊維などに次ぐ栄養素ともいうべき、きわめて重要なものではないでしょうか。

ところが、一般には、この酵素の働きは、あまり注目されていないようです。

食品の栄養成分の分析に際しても、酵素については、残念ながら着目されていません。

スポンサーリンク

酵素の効果でアトピー・胃潰瘍、高血圧、糖尿病、肥満などが治った

酵素の食べ物とは

無数の酵素を含む野妻や果物のエキスを砂糖を利用して、抽出し

さらにそれを発酵(酵母や細菌を使って糖類など有機化合物を分解すること)させ、酵素群と栄養成分を抽出した健康な食事です。

この方法だと

果物や野菜をそのまま食べるよりも

はるかに摂取と利用がしやすい形で、多量の生きた酵素群を得ることができます。

この酵素の食べ物で摂取することによって

半健康状態が改善してすっかり元気になったり、アトピー性皮膚炎や胃潰瘍、高血圧、糖尿病、肥満などがよくなった人がたくさんおられます。

酵素の摂取は、1回20mlで、1日に40~60mlを飲むのが基本です。

酵素を飲むタイミングとしては

朝起きたとき、体が疲れたとき、食後、食べ過ぎたとき、眠る前など、いろいろな飲み方をしてもかまいません。

スポンサーリンク

酵素の摂取で病気を治した実例

例えば、次のような実例があります。

外食が多く野菜の食べ方が少なかった男性は、しじゅう風邪をひいていました。

酵素の食べ物を摂取し続けたところ、風邪などの病気にかからなくなり、すっかり健康になりました。

虚弱体質でやせすぎの若い女性は、何をしてもすぐ疲れ、勤めもできない状態でした。

しかし、酵素の食べ物をとり始めたら一年で体重もふえて、丈夫になり、今は元気に働いています。

また、ひどい肩こりのため、いつも暗い顔をしていた人が酵素の食べ物を摂取し続けたら、肩こりがなくなり、別人のような明るい表情になりました。

このほか、酵素の食べ物とともに、食事などの生活コントロールをしっかりして、糖尿病や高血圧を改善している人もいます。

さらに、野菜嫌いだった子供さんが、酵素の食べ物を摂取していたら、体が丈夫になっただけでなく、野菜嫌いも直ってしまいました。

酵素の効果についてはこちらもご覧ください

このような実例は、文字どおり枚挙にいとまがありません。

スポンサーリンク

酵素の食べ物は体の機能を活発化し病気を退治する

人間の体の中では、新しいものをつくったり、古いものを分解したりする化学反応が常に行われています。

酵素の役割

その化学反応における、いわば仲介役、仲人役のような働きをするものです。

したがって、酵素がないと必要な化学反応が行われません。

酵素がなければ生命体の機能は停止する、といわれるゆえんです。

例えば、人間の体内でつくられた赤血球の寿命は、約4カ月といわれます。

古くなった赤血球は、肝臓や牌臓で破壊されて処分され、代わりに新しいものが補給されていきます。

これらの化学反応も、酵素が担っているのです。

その働きがうまくいかないと、赤血球が不足したり、逆に古い赤血球だらけになったりするでしょう。

スポンサーリンク

酵素は、働きかける相手を厳密に選びます

口の中に分泌されるアミラーゼという酵素はでんぷんにしか働きませんし、胃で分泌される酵素のペプシンは、たんぱく質にしか働きません。

腸で分泌される酵素のリバーゼは脂肪にしか働きません。

このように、酵素が働きかける相手が決まっていることを、酵素の特異性といいます。

この特異性を考えると、より多くの種類の酵素が必要とされることが理解できるでしょう。

ある種の病気になると、酵素が不足した状態になることが考えられます。

あるいは、そうなることによって、病気や不調が起こるといい換えてもいいでしょう。

実際、酵素の食べ物を摂取し続けると、まず、疲労が回復しやすくなります。

また、肝臓の機能が高められるなど、病気が改善する実例もたくさんあります。