胆石の痛い症状と発作 治療するには「核酸食品」を食事に取り入れて!

Pocket

サイレントストーン(静かな石)というと

まるで宝石か何かの、貴重な石のようにでも聞こえそうですが、実は、なんの症状も引き起こさない結石のことだそうです。

今回は、胆石の痛い症状と発作。治療するには「核酸食品」を食事に取り入れてたら胆石が消失し疲れ知らずに変身したと話す、45歳女性会社員のYさんの体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

胆石の症状と発作で苦しめられた

私は、長年、サイレントストーンの持ち主でした。

今から17年ほど前、右上腹部に鈍痛が起こるようになり、病院で診てもらうと、胆石があることがわかりました。

この胆石は

最初のころはちっとも静かではなく、鈍痛どころか、刺すような激しい痛みの発作に襲われたことが何度もありました。

しかし、だんだんとおとなしくなり、ついにはサイレントストーンと化したのです。

検査によって、私の胆石の大きさは1.6cmあることがはっきりわかっていました。

胆石がおとなしくなって、10年以上がすぎても、この間、胆石のことを忘れたわけではなく、いつまた発作が起こるかと、いつも戦々恐々としていました。

平成24年の9月から、私はサケの白子から作った粒状の核酸食品を食べ始めました。

胆石の対策ということだけではなくて、健康全般のためを思って始めたのでした。初めのうちは、核酸食品の効果らしきものは、特に何も感じませんでした。

スポンサーリンク

核酸食品の効果とは

ところが、驚くべきことが起こったのです。

平成25年の1月、ひどい風邪をこじらせて、すっかり体が参ってしまいました。

そこで、病院に行って、体力をつけるために点滴を打ってもらったのです。

その間、私は医師に世間話のように

「最近、胆石の苦しい発作はありませんけど、またいつ痛みが来るかと思うととても不安です。

特に夜になると怖くてたまりません。」とお話ししたのです。

その医師には以前から診て頂いていたので、私に1.6cmの胆石がある事も知っていました。

スポンサーリンク

胆石が消失した

私の話を聞いてから、ほうっておいて大きくなったりしたら大変だからと、胆石をエコー(超音波検査)で診てくれることになりました。

エコーで調べながら、医師は、「おかしいな」と何度もおっしゃって、あっちこっちを探していましたが、とうとう胆石は見つけられなかったのです。

それから、別の機会に、ほかの総合病院でも胆石を調べてもらいました。

その結果はやはり、胆石はどこにもないということでした。

どうやら、核酸食品を食べ続けたら

1.6cmもあった胆石が、消えてしまったようなのです。

それまで、いつ胆石痛の発作が起こるかと、ずっと不安を抱いて生活していたので、うれしくてたまりませんでした。

肌のハリやツヤが良くなった・疲れにくくなった

そのほかに、核酸食品を食べ始めてから

肌のハリやツヤがよくなってきました

それから、以前は疲れやすかったのですが、全くといっていいほど疲れにくくなりました

今では、毎日ばりばりと働いています。

スポンサーリンク

核酸で胆のうの細胞が正常化した

胆石は石のある場所によって分けられますが、胆汁(脂肪を消化するなどの働きを持つ)を主成分として

胆道の中で生成された固形物を肝内結石といい、胆のうの中にできたものを胆のう結石といいます。

胆石についてはこちらもご覧ください

痛みなどの症状が出ない

サイレントストーンということですが

これは症状によって分類した場合の呼び方です。

胆石が、どのように形成されたもので

どこにあった石なのかによって効果の現れ方は違いますが

胆のうや胆管内の異常が正常化され、胆管や胆のう壁も正常に機能するようになって、胆石の排泄が、比較的自然に行われたと考えられます。

核酸によって正常に再生された胆のうなどの細胞の機能によって、異物である胆石がスムーズに排泄されたと考えられます。

スポンサーリンク

おすすめトピック



シェアお願いします!

フォローお願いします!