癌(がん)は遺伝する? BRCA1や遺伝性のガン家系について

【がん(癌)】

 

癌(がん)は遺伝すると知っていましたか?

遺伝子に生まれつき異常がある場合、非常に癌(がん)にかかりやすくなります。

今回は、癌(がん)の遺伝・BRCA1や遺伝性のガン家系についてお話しします。

スポンサーリンク

 

癌に(がん)になる原因

最近、癌(がん)にかかる方が増えているのは皆様ご存知の通りです。

 

これは日本人が全体として高齢化していることによるものです。

癌(がん)は高齢になればなるほどかかりやすくなります。

癌(がん)の発生は老化現象の一つと見なすこともできます。

 

一方、ご家族の中に癌(がん)の方がたくさんおられる場合があります。

 

これにはそのご家族全員が

癌(がん)にかかりやすい生活

例えば、ご家族全員が受動喫煙を含めて

タバコをかなり吸っておられるような状況が

長い間続いていた、といったことが原因となっている場合もあると思われます。

 

しかしながら

世代を超えて癌(がん)の方が多い場合

遺伝が関係している可能性が高そうです。

スポンサーリンク

 

癌(がん)にかかりやすい遺伝体質

実際に癌(がん)にかかって

おられる方のうち

5~10%程度の方々は

生まれつき非常に癌(がん)に

かかりやすい体質を持って生まれ

ある意味、かかるべくして癌(がん)にかかった方々であると言われています。

 

さらにこの体質は遺伝で伝わるもの

そのため、ご家族の中に多くの癌(がん)患者さんがおられる場合もあります。

 

遺伝学の進歩で

癌(がん)にかかりやすくする

原因遺伝子が多く見つかってきており

そのような遺伝子に生まれつき

異常がある場合、その方は非常に癌(がん)にかかりやすくなります

 

また、その遺伝子異常は

お子さんに2分の1の確率で伝わります

ので、ご家族内に多くの癌(がん)患者さんが発生するということが起こります。

スポンサーリンク

 

こういった遺伝子の異常の有無は

血液を使った遺伝子検査をすることで調べることができます。

また、異常を起こしている遺伝子の種類によって、起こりやすい癌(がん)の種類が異なっています。

 

癌(がん)の検診についてはこちらもご覧ください

PET-CT検査は癌の診断・転移を発見する!検査の注意点とは
病気や癌の検査にはいろいろ種類がありますよね? できるだけ苦痛を最小限にした検査をしたいものです。 そこで今回は、比較的最近普及

 

癌(がん)は早期発見で約80%以上が治る!乳がん検診について
「自覚症状がなければ、癌(がん)検診はしなくていい」そんなことを思っていませんか? 日本では、2人に1人が癌(がん)にかかり、

 

大腸癌(がん)検診!内視鏡検査が怖いなら「大腸CT検査」を!
最近、テレビでは、がん検診の受診率の低さが取り上げられています。 日本人の癌(がん)で亡くなる人の中で、大腸癌(がん)の死亡数

 

 

BRCA1の例「アンジェリーナ・ジョリー」

その1つの例がハリウッド女優の

アンジェリーナ・ジョリーさん

アンジーさんの場合

BRCA1という遺伝子の異常を持っていることがわかりました。

 

この遺伝子に生まれつきの異常を

持っている女性は

乳癌(がん)と卵巣がんに非常に高い確率でかかることがわかっています。

 

実際アンジーさんのお母さんは

卵巣がんで亡くなっておられ

お母さん側のおばさんは

乳癌(がん)にかかっておられるそうで

そのため遺伝子検査を受けてBRCA1の異常が見つかったようです。

 

こ自身は癌(がん)にかかっていませんでしたが、癌(がん)にかかりたくないという思いから、数年前に予防的な乳房切除を受け世界的に話題となりました。

 

さらにその後

卵巣も予防的に手術し、切除しました。

スポンサーリンク

 

癌(がん)の予防・対策についてはこちらもご覧ください

トマトのリコピンがガンを予防し活性酸素の除去はβカロチンの3倍!
ナスやピーマンと並ぶ夏野菜の代表選手にトマトがあります。 完熟したトマトは、真っ赤な色がおいしそうで食欲をそそるものですが、ト

 

余命半年の前立腺の癌が消え髪の毛も増えた理由はこの野菜スープ
癌(がん)と宣告されたら・・・と考えたことありますか? 癌(がん)は治る病気になりつつあるもののやはり死を思ってしまう怖い病気の一つで

 

癌(がん)は早期発見のための特別な検診を!

癌(がん)にかかりやすい

体質を持っていて

この体質が遺伝で伝わるというのは

決してうれしいことではありません。

スポンサーリンク

 

しかし、それを知らずに過ごし、癌(がん)にかかり発見が遅れて、命を取られることを考えると前もって癌(がん)にかかりやすいことがわかっていれば、その予防を積極的に行なうことで、癌(がん)で命を失うことを防ぐことができるはずです。

 

予防策は

アンジーさんが受けられたのような手術もその1つですが、早期発見のための特別な検診を行なうのが一般的です。

 

「もしかして、うちは遺伝性の癌(がん)家系?」と思われる方は、かかりつけの先生や病院に相談することをおススメします。

 

癌(がん)の予防・対策についてはこちらもご覧ください

末期がんの私が手術後転移もなく15年過ごせた秘密は「えのき」
最近、乳癌に関する報道が多いですよね? それほど怖い病気である!ということです。 今現在、乳癌と戦っている患者さんも、無事に回復

 

癌に効く食べ物は「しいたけ」!抗がん剤に変わり免疫力を高める!
こんにちは。akapです。 がん(癌)ってどういうイメージを持っていますか? 私は、がん(癌)と言われたらショックが大きいかもし

 

コメント