やけどの応急処置と治し方!大丈夫か対処法?自己判断の塗り薬は危険

Pocket

やけどを負ったら、適切な処置が大切です。

日常生活には、沸騰したお湯や熱くなった暖房器具など、やけどの危険性が多く潜んでいます。

ですが、「やけどしてしまったけど、正しい対処法がわからない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、やけどの応急処置と治し方!大丈夫かその対処法?自己判断の塗り薬は危険な理由について皮膚科医師の話をもとにお話しします。

スポンサーリンク

やけどの応急手当の仕方

やけどの応急手当としては、すぐに冷やす(やけどした部位を冷却する)ことが最も大切です。

熱湯や油のやけどでも水道水でかまいませんので、衣服の上から冷やすことがとでも大切です。

手足をやけどしてしまった場合

蛇□から水道水を出し続けた状態で冷やします。

顔や頭のやけど

シャワーなどで水をかけ続けることで冷やします。

顔など流水がかけられない部分は、氷水で冷やしたタオルを当てます。

目や耳のやけど

保冷剤や氷を包んだ冷たいタオルをこまめに替えながら冷やします。

全身または広範囲のやけどには

やけどした部分を水をためた浴槽の中につけたり、水に浸したタオルなどで全身を包むようにして冷やします。

スポンサーリンク

やけどした時の冷やし方

冷やす時間は、体の部位や年齢により一概には言えませんが15~30分間冷却すると良いと思います。

指先や脚のやけどのような場合は、1時間くらい冷却することが症状を軽くします。

冷やすことでやけどの進行を止め、痛みも押さえることができます。

あわてて衣服を脱がせると

熱の作用が持続してより深いやけどになったり、水疱が破れて、痛みが強くなったりします。

特にお子さんの場合は、衣服の外のやけどに目をとられて、衣服の内側のもっと広いやけどを見逃してしまいがちですので注意が必要です。

やけどは自己判断で塗り薬・軟膏は危険!

また、創部を冷やしながらできるだけ早く皮膚科医の診察を受けることが早くやけどを治して傷跡を最低限にすることにつながります。

やけどにはアロエがいいと言われている。

自分の判断で油薬などをつけてしまうと

その後の治療に差し障りがでてしまうこともある!ので、やけどをした部位には、医師の診察・治療を受けるまでは自分の判断で軟膏や油など一切つけることのないようにして下さい。

やけどをすると、I度熱傷のような浅いやけど以外は傷跡が残ってしまいます。

浅いやけどの場合には赤みが残ったり、茶色になる色素沈着が起こったりします。

色素沈着は日光に当たることが原因となりますので、日光を防ぐことが必要です。

スポンサーリンク

やけどの重度の場合は跡になる可能性が

深めのやけどをした場合には、傷跡が盛り上がって「ケロイド」や「ひきつれ(癖痕拘縮)」の状態となることがあります。

特に深いやけどでは治るまでに時間がかかり、傷跡だけではなくひきつれが生じ、外見だけでなく機能的にも問題となることがあります。

その可能性をできるだけ小さくするためにもやけどを受けたらすぐに専門医の治療を受けることをおすすめします。

家の中にはやけどに注意しなければならないものがたくさんあります。

特に小さいお子さんやお年寄りのいるご家庭では、十分注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめトピック



シェアお願いします!

フォローお願いします!