歯(虫歯)/口臭/歯周病

虫歯と歯周病の予防について!歯医者が怖いのは歯科恐怖症かも?

2017/03/21

Pocket

 

歯医者が怖いからといって、虫歯を放置していませんか?

歯のメンテナンスはきちんとしておきたいが、歯医者が苦手な方は多いと思います。

しかし、虫歯は初期の段階であれば虫歯治療は可能となります。

今回は、虫歯と歯科恐怖症についてお話しします。

スポンサーリンク

 

虫歯放置はダメ!虫歯の治療と予防

d58e7d794780ee0defde2633d751307f_s

虫歯」と聞くと、穴があいている状態をイメージしてしまいがちです。

しかし、その前段階として歯の表面のミネラルが失われる脱灰の状態があり、このタイミングで介入すればむし歯は治ります。

実際に穴があいてしまうと自然に治りませんので、削って詰めることも必要になりますが、本当は虫歯にならない、再発しにくい口の中の環境を作ることが、一番大切です。

 

虫歯は多因子性の疾患であり

唾液の量や質

歯の耐酸性

細菌の種類や量

飲食の頻度や内容

ブラッシングやフッ素の利用など

多くのことが関わってきます。

重要なのは個々のリスクを知り、対策を講じて再石灰化(歯にミネラルが戻る状態)を促してあげることです。

 

歯周炎を引き起こす綱菌

歯や歯根の表面でバイオフィルムといった非常に取れにくい形態で、細菌叢(さいきんそう)を作ります。

歯ぐきの下ではさらに毒性の強いものとなります。

 

歯周炎の主な治療

ポケット内のバイオフィルムを除去する歯周廓清(かくせい)処置になります。

スポンサーリンク

 

歯科医師や歯科衛生士が時間をかけてさまざまな器具を用いて行います。

プラークはすぐに再付着し始めますので、患者さんが行うホームケアが最も重要となります。

 

虫歯も歯周病も細菌の感染症です。

口の中にいる細菌を完全には取り除くことは不可能なので、日々減らし続けることが必要です。

日の不快症状を感じる前に、お近くの歯科医院への受診をお勧めします。

しかし、歯科医院が苦手の方もいると思います。

 

歯を健康に保つ方法についてはこちらもご覧ください。

 

 

歯医者が「怖い」「痛い」は歯科恐怖症かも!

857a9d4ad98f4785b7c120b3b0e8220a_s

歯医者といえば「怖い」「痛い」など、あまりいいイメージを持たない人が多いと思います。

歯科医院のにおいや、歯を削るときに使う道具の「キーン」という音を聞くだけで、動悸がして、手足がこわばり、冷や汗をかく、そんな経験をした人も少なくないと思います。

スポンサーリンク

 

そんなあなたは

歯科恐怖症かもしれません。

今回は歯科恐怖症について説明します。

 

歯科恐怖症とは、幼少期の歯科治療でのつらい経験がトラウマになり、大人になっても歯科治療に対して恐怖を感じてしまう状態です。

軽度の場合はそれほど問題になりませんが、重度になると、歯医者に行くことすらできなくなってしまいます。

 

歯科恐怖症の克服方法とは

それでは、歯科恐怖症を克服するためにはどうすればよいのでしょうか?

一番大事なことは、自分が歯科恐怖症であることを歯医者に伝えることです。

その上で、歯医者との信頼関係を築き、簡単な治療から始めていくことです。

スポンサーリンク

 

また、最近では、笑気麻酔を導入している歯科医院も増えてきています。

この麻酔には、不安を和らげ、緊張をとき、精神的にも肉体的にもリラックスした状態にする効果があります。

健康保険が適用され、3割負担の患者さんなら、30分500〜800円程度ですので、利用するのも一つの手段かもしれません。

 

さいごに

歯科恐怖症は決して恥ずかしいことではありません。

症状が重くなる前に、自分に合った歯医者さんを探してみませんか。

 

歯を健康に保つ方法についてはこちらもご覧ください。