水ダイエットは子供も中高年も行える理想的なおすすめダイエット法

Pocket

ダイエットは、日常生活に無理なく組み入れられ、しかも楽しみながらできる方法で行い、長続きさせることが大切です。

その点、水飲みダイエットは、子供も中高年も行える理想的なダイエット法といえるでしょう。

スポンサーリンク

リバウンドの心配がないダイエット法

みなさんもご承知のとおり

肥満のいちばんの原因は、穀物などの炭水化物のとりすぎです。

しかし、食前に水を飲んだり、水を飲みながら食事をすれば、無理なく食事量をへらせます

したがって、むずかしいカロリー計算をしたり、おなかがすいて苦しまなくても、自然に炭水化物の摂取をへらすことができるのです。

また、正しい食習慣が身について

ダイエット終了後のリバウンドも防げるのです。

私もダイエットが必要な時には、食事の前や途中で水を飲んだり、野菜をたべるようにしています。

水は空気と同様、私たちの生命活動に、なくてはならないものです。

水ダイエットで行う水の飲み方ならば、体に余計な負担はかからないため、子供から中高年にいたるまで、幅広い年齢層の人が実行できます。

さらに、水を飲むことによって

肌がみずみずしくなったり

尿量がふえて老廃物がスムーズに排泄されるなどの利点も出てきます。

実際に私が水ダイエットをすると

ニキビや吹き出物がぐっと減り肌ツヤが良いように思われます。

スポンサーリンク

水ダイエットのやり方と効果についてはこちらもご覧ください

また、日常生活のなかで、だるさやめまいを感じるのは、体が脱水症状を起こしていることが多く、水やお茶などを飲めばおさまるはずです。

なお、ダイエットに使う水は、水道水でもミネラルウォーターでも、好きな物でけっこうです。

糖分が入っていなければ、お茶類でもかまいません。飲みたい物を飲んでください。

水ダイエットの注意点

ただし、注意すべき点もいくつかあります。

まず、一度に多量の水分を摂取するのは避けてください

一般に成人が1日に必要とする水分量は2.4ℓ程度といわれていますが、これだけの水を一度に飲むと体液のバランスがくずれてしまいます。

必ず何回かに分けて、時間をかけて飲むようにしましょう。

水をたくさん飲むと消化が悪くなると心配される人もいるようですが、水ダイエットの飲み方ならば大丈夫です。

もし消化が悪いと感じたら、それが飲みすぎの目安となります。

また、心臓病や腎臓病の人で、医師から水分制限をされている場合には、水ダイエットはやらないようにしましょう。

なお、俗に水太りと、いわれることがありますが医学的にはこれは心臓病や腎臓病からくるむくみのことで

水を飲んで太るわけではありません

スポンサーリンク

それから、中高年には夜に水を飲むと

トイレが近くなって困るという人がいますが

実は膀眺が空だと睡眠中にトイレに行きたくなるので、100mlくらいの水分は膀胱に入れておいたほうがいいという説もあります。

少し水を飲んで寝て、それでも睡眠中に起きるようなら、夜寝る前に水を飲むのは控えて、昼間に飲みましょう。

また、お年寄りが夜何度もトイレに起きるのは、心臓の悪い場合があります。

念のため医師の診察を受けてください。

水ダイエットのやり方と効果についてはこちらもご覧ください

以上、水ダイエットの紹介でした!。

スポンサーリンク

おすすめトピック



シェアお願いします!

フォローお願いします!