不眠症

ボケを防止し不眠症・むくみを改善!足裏の特効ツボマッサージ

Pocket

 

足にはいろいろな効果があるとされるツボが多数あります。

ボケの予防や不眠の解消に効果的な足ツボがあります。

今回は、ボケ・不眠・むくみを解消したい場合の足裏の特効ツボのマッサージを紹介します。

スポンサーリンク

 

足ツボ効果についてはこちらもご覧ください

 

 

ボケ予防と改善の足裏ツボ「大脳小脳反射区」

ボケ予防と改善に効果がある足裏ツボ「大脳小脳反射区(だいのうしょうのうはんしゃく)」を紹介します。

 

足裏ツボの見つけ方

体の局所が全身を反映している、というのが「反射帯(はんしゃたい)」の考え方です。

大脳小脳反射区(だいのうしょうのうはんしゃく)も、その考えに基づいています。

 

つまり、足の第一指(手の親指に当たる)全体は頭部を反映し、中でも第一指の裏の、先端から中ほどまでが大脳を、中ほどから根元までが小脳に対応しているのです。

足の第一指を刺激すると、頭部を直接、刺激するのと同じような効果が得られ、ボケの予防と改善が期待できます。

 

頭や脳にいろいろな障害があると

足の第一指の腹がかたくこわばったり

逆に、フニャフニャと無力になったりすることがあります。

 

また、第一指がかたい人は行動的といって徘徊したり、家の中でもじっとしてないといわれ、やわらかい人は非行動的といって、あまり動かずに家の中でじっとしているという傾向があるといわれます。

 

足裏ツボのマッサージのやり方

最初に、足の第一指のつけ根の関節を、グルグルと回転させます。

一方の手で足の甲を固定し、他方の手で第一指をつかんで、右回し、左回しをそれぞれ15回ずつ行います。

 

次に、第一指の指の腹全体を、はしの先や、つまようじの頭(とがっていない側)などで、チクチクとつつきます。

1秒に2回くらいの速さで、30~40回つつきましょう。

左右の反射区を刺激します。

スポンサーリンク

 

不眠症・むくみ対策の足裏ツボ「失眠(しつみん)」

不眠やむくみの解消に効果がある足裏ツボ「失眠(しつみん)」を紹介します。

 

足裏ツボの見つけ方

失眠は、不眠の意味で、不眠を改善する特効ツボです。

頭に熱が上って、頭脳が休まらない状態になると不眠に悩まされます。

 

そこで、失眠(しつみん)を刺激すると

頭に上った熱を下げて頭を休めることができ、不眠が解消されます。

 

失眠(しつみん)には

水分代謝(体内での水分の利用と排出)をつかさどる働きもあり、むくみも改善されます。

 

靴と靴下を脱いで足の裏のかかとの部分を見てください。

かかと全体が丸い膨らみになっているでしょう。

そのかかとの膨らみの中心が、失眠(しつみん)です。

不眠やむくみで悩まされている人のかかとは、かたくなっていたり、逆に、ブョブョと力のない状態になっていたりします。

スポンサーリンク

 

足裏ツボのマッサージのやり方

失眠(しつみん)には、たたく刺激が適しています。

肩たたきのような要領で、こぶしで直接、トントンとたたきましょう。

失眠は、少々強くたたいても心配はありません。

不眠とむくみは、ともに寝る前に失眠を刺激するのがよいでしょう。

しばらく右足をたたいたら、今度は左足をしばらくたたくというように、適度に左右をたたきます。

たたいているうちに、心地よい振動が全身に伝わってきて、頭の緊張がほぐれてくるのがわかります。

そういう感覚が得られるまで続けてください。

かかとで青竹踏みを行ってもけっこうです。