喘息や鼻炎を改善する方法!リラックスさせ安眠できるユーカリの効果

Pocket

喘息や鼻炎でツライ!良く寝れていないなどの症状にお悩みではないですか?

そんな時、リラックスできる「ユーカリのオイル」が効果があるのです。

今回は、ユーカリのオイルを患者に勧めて喘息や鼻炎が改善する効果を確認したと話す、斎藤医院院長のお話しをご紹介します。

スポンサーリンク

ユーカリは風邪や喘息、鼻づまりなどの症状に効果がある

漢方薬を主体に、さまざまな病気を治癒していますが、1年前から芳香療法(香りを吸うことで病気改善に役立てる療法)も用いるようになりました。

使用する香草(ハーブ)は

オレンジ、ペパーミント、メリッサ、ラベンダー、イランイラン、ゼラニウム、レモン、レモングラス、ローズ、サングルウッドなどで、30種以上もあります。

目的に応じて選び、患者に使わせているわけです。

ハーブの効果についてはこちらでお話ししております。

その一つに、ユーカリがあります

ユーカリはオーストラリア原産の常緑高本で

精神安定作用、殺菌作用、抗ウイルス作用(ウイルスの活動をおさえる働き)があり、風邪や喘息、鼻づまりなどの症状に効果があると考えられています。

この一年間、私は主に不眠と喘息の患者にユーカリを使用してきました。

スポンサーリンク

その結果

重症の喘息が改善した例もあります。

・また、アレルギー性鼻炎がよくなった例もあります。

使用した人はみな

よく眠れるようになったといい、気分が落ち着くという声もあります。

ユーカリの使用法とは

それでは、私が勧めている利用法を紹介しましょう。

ユーカリはぜんそくや気管支炎の場合、ユーカリ油を胸に塗る方法もありますが、私が患者に行わせているのは、芳香療法です。

つまり、ユーカリのオイルのにおいをかぐ方法です。

ポットにお湯を入れ、その中へユーカリのオイルを2~3滴落とすか、ユーカリオイルを香炉のように下から加熱するなどします。

こうして温められたユーカリ油から、においが立ち上がり、部屋中に特有の香りが立ちこめます。

熱を加えることで、ユーカリ油が揮発し、ガスになって部屋の中に立ちこめるのです。

一般的な使い方としては、夜就寝前に、このポットでにおいを立てて、そのまま休みます。

スポンサーリンク

炎は出ないので、火の心配はありません。

鼻やのどに症状がある人には、このにおいをかぎ、吸い込んでから床につくように指導しています。

もちろん、症状が出ているときに、においをかぐのもよい方法です。

重度の喘息やアレルギー性鼻炎がが驚くほど改善した

ユーカリの芳香治療の一環として用いるようになって、喘息やアレルギー性鼻炎の治療成果が一段とよくなってきました。

症例を2、3紹介しましょう。

症例1 喘息が改善した例

45歳の女性で、重症の喘息の人がいました。

ステロイド(副腎皮質ホルモン)療法を長い問続けてきており、定期的にステロイドの注射を打っていました。

ステロイド剤は

症状をおさえる力はすぐれていますが

根治療法ではありません。

副作用があるため、なるべくなら使わないほうがいいのです。

それに、いったん使い始めると容易にやめられなくなるという一面も持っています。

そこで、離脱(薬をやめること)のための注射があり、患者によっては、この注射でうまくステロイドと離れられるケースもあります。

しかし、この女性の場合は、成功しませんでした。ステロイドから離脱するための注射がやめられなくなったのです。

わかりやすくいうと、この注射を定期的に打たないと、喘息の発作が起こるのです。

スポンサーリンク

喘息の発作は心理的なことが多分に関係しますが、この女性のケースも、離脱のための注射に依存性があったようで、そのため、注射を打たないと発作が起こるようでした。

私はまず、漢方薬を処方しましたが、あまり効果がなく、注射から離脱できません。

そこでユーカリのオイルの芳香療法を勧めてみたのです。

彼女は毎晩、就寝前にユーカリオイルのにおいを部屋中に漂わせて、その中でリラックスするようにしたのです。

その結果なんと

わずか2ヵ月で注射を必要としなくなったのです。

もちろん、喘息発作のほうも治まりました

たぶん、精神的な安定が得られたことが大きかったのでしょう。

この芳香療法を今後も続けていれば、発作で苦しむおそれもないと思います。

症例2 幼児の喘息の改善

このほか、8歳の男の子も、ユーカリのオイルの芳香療法で、喘息がよくなりました

ぜんそくの発作は、一般的に夜寝ているときか、朝の目覚めたころに起こります。

しかし、ユーカリのオイルのにおいをかいで寝ると、精神がリラックスして、すぐに寝つけるし、熟睡することができます。

だから、就寝中の喘息発作がおこらなくなるのです。

スポンサーリンク

喘息の発作は心理的なことが大いに影響しますが、就寝中に発作が起こらなくなると、それが自信になって、病気自体が改善してくるのです。

喘息の改善法についてはこちらも参考にしてみてください。

症例3 アレルギー性鼻炎の改善

さらには漢方薬を半年続けても改善しなかったアレルギー性鼻炎が、ユーカリオイルの芳香療法に切り替えたら改善した、20歳の女性の症例もあります。

アレルギー性鼻炎の改善についてはこちらも参考にしてみてください。

私は今後も、治療の一環として、ユーカリのオイルをはじめとした芳香療法を使用していきたいと思っています。

スポンサーリンク

おわりに

ユーカリには

精神を安定させ、リラックス作用、殺菌作用、抗ウイルス作用があります。

そのためユーカリのアロマ効果は、喘息や鼻炎を改善し安眠できる方法の一つといえます。