アトピー/じんましん 不眠症 便秘/痔 目(視力)/眼精疲労/めまい/耳鳴り 高血圧/低血圧

高血圧や糖尿病、アトピーまで効く飲み物は「酢はちみつサワー」

2017/02/27

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは。akapです。

経済的に手ごろで安全、かつ多様な症状に適した、何か良いものはないか?と思っていたところで今回のご紹介は、高血圧や糖尿病、アトピーまで効く飲み物は「酢はちみつサワー」です。

スポンサーリンク

 

酢のお勧めは

酢が体に良いというのは一般的に知られている事ですが、酢といってもいろいろありますよね。

ここでお勧めなのが

天然醸造酢(黒酢など)といわれるものです。 

 

天然醸造酢の中でも

黒酢には各種アミノ酸に加え

コハク酸や乳酸などの有機酸類も豊富に含まれており、すぐれた機能性を持つ酢として勧められています。

 

黒酢の作用について

 

黒酢には

肥満を解消し、それと同時に高いコレストロール値や中性脂肪値、血圧、血糖値を下げる働きが認められています。

 

また黒酢は

血液中の赤血球のしなやかさ(赤血球変形能)を高めてくれます。

 

これにより、血液の粘膜度(粘り気の度合い)が落ちて、血液がサラサラになる一方で、血管も強く柔軟になるので、全身の血液の循環が良くなり、脳血栓や心筋梗塞の予防に役立ちます。

 

さらに

アトピー性皮膚炎アレルギー性疾患にも黒酢は効果を発揮するほか、自律神経失調症や更年期障害などの神経症、不眠症、眼精疲労、筋肉痛に効いたとの実例もあります。

また、肌を美しくするなど美容にに効果を現すようです。

スポンサーリンク

 

心筋梗塞・動脈硬化についてはこちらもご覧ください。

 

 

 

はちみつは血糖をコントロールする。

honey-1006972_1280

ハチミツは栄養価にすぐれた食品であるだけでなく、お通じを非常に良くする働きも持っています。

ですから、慢性的は便秘で悩んでいる人にも、ハチミツサワー(酢入り)は効果を発揮できる飲み物といえるのではないでしょうか。

高価なものを買う必要はありませんが、上質な(純度100%)純粋なハチミツであれば血糖値がコントロールする働きがある事が知られています。

 

はちみつサワー原液の作り方

4a756356adbea2514eab012ff702e9a5_s

400mlは入るふた付きの容器を用意します。

大きめの空き瓶や、使用済のペットボトルなどで構いません。

これに、250mlの黒酢と150mlのハチミツを入れ、良くまぜ合わせます。

上質な(純粋な)ハチミツであれば黒酢に溶けやすく、出来上がりもサラッとしています。

 

これがハチミツサワー10日分の原液となります。

きっちりふたをして冷蔵庫に保存し、飲むときは原液20mlを5~6倍(100ml~120ml)に薄めて、毎日朝晩二回、食前に飲むのが良いとされています。

 

ちなみに、

私はいつも、楽天市場で割引クーポンやまとめ買いの特典
(3本購入で1本プレゼント&送料無料)

を使ってお徳に国産のハチミツを買っています。

【30%off対象商品】国産純粋はちみつ 1000g 1kg 日本製 はちみつ ハチミツ ハニー HONEY 蜂蜜 瓶詰 国産蜂蜜 国産ハチミツ

こちらも、私が使用しているハチミツです。

【送料無料】蜂蜜(はちみつ)ハニーお試しセット国産、外国産の純粋はちみつ28種類から5つ選べる!お得なはちみつ5点セット 蜂蜜専門店 かの蜂

スポンサーリンク

 

ハチミツサワーの作り方(1回分の目安)

1.酢(黒酢など)10~15mlをコップへ入れる

2.ハチミツ5~10mlを加える。

3.水(100~120ml)を加えて5~6倍に薄める。

 ※水の代わりに牛乳を加えても良いです。

 

おわりに

酢とハチミツは両方とも体に良いですからね。

なかなか改善しない症状などあればハチミツサワー(黒酢入り)は効果的な飲み物といえます。

 

はちみつの効果についてはこちらもご覧ください。

 

Pocket
LINEで送る