黒豆ダイエット

酢と黒豆は減量に最適!肥満や病気を予防する健康食品

2017/03/31

Pocket
LINEで送る

 

酢と黒豆を使ったダイエットは知っていますか?

これがダイエット効果はもちろんですが、健康にも良いのです。

今回は、酢と黒豆は減量に最適!肥満や病気を予防する健康食品についてご説明します。

スポンサーリンク

 

黒豆は脂質代謝を活発にし動脈硬化を抑え肥満を解消する

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

黒豆(黒大豆)を酢に漬けた酢黒豆は、

太り過ぎの人が減量をめざすときに、たいへん役立つ食品です。

その理由は、いくつかの面から説明できます。

スポンサーリンク

 

黒豆の栄養とは

7d5458be8b9f349e927bd8da5dcc8bda_s

まず、黒豆

大豆サポニンやレシチンなど、体内での脂質代謝(脂肪成分が変化したり、入れ替わったりすること)を活発にする成分を豊富に含んでいます。

食物繊維も多いので、とりすぎると肥満の原因になる脂質や糖質を吸着し、それらの排泄を高めてくれます。

 

もちろん、黒豆そのものが、バランスのとれた栄養を含む食品であることも見逃せません。

黒豆には、良質たんぱくのほか、各種のビタミン・ミネラル(とくにビタミンB群・E、カルシウム、鉄など)が豊富に含まれています。

これらの栄養素は、普通の黄大豆と共通していますが、黒豆には、とくに凝縮された形でつまっています。

 

また、黒豆の黒い色

アントシアン系の色素成分によるもので、この成分には高い利尿作用や動脈硬化の抑制作用があります。

したがって、酢黒豆は、体の水はけを促してむくみがちな人の体重をへらしたり、前述した脂質代謝を促す作用と合わせて、動脈硬化を抑えたりするためにも役立ちます。

体の余分な水分を除き、動脈硬化を防ぐことにより、高すぎる血圧を改善する効果も期待できます。

もともと「体重が1kgふえると血管が1m長くなる」といわれ、肥満は高血圧の原因になります。

スポンサーリンク

 

酢黒豆

減量を促しながら上記のような作用を発揮するので、二重の意味で血圧改善効果をもつのです。

漢方では、黒豆に、暑がりの人の体の熱を正常化する清熱昨用や、有害なものを取り除く解毒作用があるとされています。

 

酢の効果とは

b6d8fedc203729ed1a78dd86a5d9721b_s

一方、酢に含まれる有機酸やアミノ酸にも、脂質代謝を促進する働きがあります。

また、酢は、黒豆の食物繊維の吸着率を高め、栄養素の吸収を調節する作用ももっています。

 

こうした黒豆と酢の作用が相乗効果を生むため、酢黒豆は、肥満の予防や解消にすぐれた効果を発揮するのです。

とくに、「少ししかたべないのに太る」という体質の人には、酢黒豆が効果的です。

 

したがって、

酢黒豆には

①体を太りにくくする。

②適性な体重にやせさせる。

③病気になりやすい体をもとに戻す。

という三大効果があるわけです。

スポンサーリンク

 

おわりに

酢黒豆は、市販品もありますが、自宅でも手軽に作れます。

酢黒豆の作り方についてはこちらをご覧ください。

 

手作りするさいは、純粋に米だけを材料にした米酢を使ってください。

容器に、材料として「米」とだけ書いてあるもの(「アルコール」や「酒粕」という表示がないもの)を選ぶと安心です。

 

酢黒豆の効果についてはこちらもご覧ください

 

手軽に作っておいしくたべられる酢黒豆を、ぜひ減量や健康管理にお役立てください。

Pocket
LINEで送る