歯(虫歯)/口臭/歯周病

一生自分の歯で食事をするために「虫歯」・「酸蝕」から歯を守ろう!

Pocket

 

歯のケアちゃんとしていますか?

みなさん誰もが「一生自分の歯で食事をしたい!」「抜歯はしたくない!」と思うのは当然です

今回は、一生自分の歯で食事をするために「虫歯」・「酸蝕」から歯を守る方法についてお話しします。

スポンサーリンク

 

抜歯になってしまう原因と抜歯をせずにすむ方法

抜歯になってしまう原因ですが

1位が歯周病で約42%

2位がむし歯で約32%

3位が破折で約11%

という報告があります。

 

3位の破折は

何かにぶつかって歯が折れたというわけではなく

自分のかむ力(歯ぎしりやくいしばりなど)によって、歯にひびが入ったり折れてしまった場合のことです。

 

歯周病・むし歯を予防し、かむ力をケアすることで、抜歯の危険性は低くなります。

 

80歳で20本の歯を残しましょうという「8020運動」はご存じのことと思います。

すべての歯が残っている場合は28本の歯(親知らずを除く)がありますが、日本人の80歳での平均歯数は約14本しかありません

予防の先進国スウェーデンでは、定期健診(予防)の受診率が90%、80歳での平均歯数は25本といわれています。

定期健診(予防)をすることで、歯を残せる可能性が高くなることは実証されているのです。

スポンサーリンク

 

歯を健康に保つ方法についてはこちらもご覧ください。

 

 

 

「酸蝕」ってなに

進化する食文化の裏で、ひそかに増えている歯の病気があるのをご存じですか?

 

歯はカルシウムの一種でできていて、酸に触れると溶け始めます。

普通は、酸性の飲食物を摂取しても唾液が洗い流したり、唾液の中和作用によって歯に問題を生じません。

 

でも、″強い酸性の飲食物″が歯に繰り返し触れたりとどまると、唾液の作用では間に合わず、歯は表面から溶け始めます

この「酸蝕」が増えているのです。

スポンサーリンク

 

「むし歯」は″むし歯菌が出す酸″によって、歯の間や溝などの汚れがたまった部分から歯が溶けて生じます。

それに対して「酸蝕」は、″強い酸性の飲食物″が歯に繰り返し触れることで、歯の広い範囲が少しずつ溶けて生じます。

 

歯が溶ける?酸が含まれる食べ物・飲み物

歯の表面が溶けるのは

pH5.4以下の強い酸とされています(数値が小さいほど酸性度が強い)。

 

炭酸飲料、ビール、缶酎ハイ、ワイン、熱中症対策で推奨されるスポーツドリンク、そして健康に良いとされる黒酢などもpH2.5~4.0です。

これからの季節はミカンなども酸性度が強いため要注意です。

また、逆流性食道炎でも「酸蝕」は生じます。

スポンサーリンク

 

歯を大切に!歯を守るための注意点

「酸蝕」の歯は表面が軟らかくなっているため、毎日の歯ブラシや歯ざしりですり減りやすく、そこにむし歯菌がつくと、一気に大きなむし歯になってしまいます。

 

予防として

″強い酸性の飲食物″をだらだら飲むことはできるだけ避け、摂取した後は、口水やお茶を飲んで、酸を洗い流す習慣をつけましょう。

 

「歯科医院は歯を治療する所」と思っている人もいるかもしれませんが、もちろん定期健診も行っております。

歯科医院から遠ざかっている人は、一度受診されてみてはいかがでしよう。

 

歯を健康に保つ方法についてはこちらもご覧ください。