ダイエット 対策 美肌つくり

脚を綺麗に細くする方法!塩はちみつで肌も綺麗に太ももも痩せスリムに

Pocket

 

女性は誰でも脚や太ももを細く美しくしておきたいものですよね?

今回は、脚を綺麗に細くする方法として、塩はちみつのマッサージで太ももが4cm細くなりお腹も太ももも痩せてスリムになったと話す、31歳主婦のSさんの体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

 

肌ツヤ良くつるつるになる美肌効果

私は、去年から、脚を細くするのが目的で

塩はちみつを使ったマッサージをするようになりました。

 

塩はちみつというのは、いってみれば手作りのマッサージクリームか、半固形状のジェルみたいな感じのものです。

名前のとおり、塩やはちみつを使って作ります。

 

塩はちみつでマッサージする美容法を知ったのは、去年の6月ごろでした。

ある女性誌で、顔の美容法として紹介されていたのです。

 

私は、もともと小太りタイプなのですが、特に、下半身にお肉がついているのがいつも気になっていました。

そこで、この「塩はちみつマッサージでスマートになれるのでは・・・」 そうひらめいてやってみたのが、そもそもの始まりでした。

 

夜お風呂に人ったとき、自分で作った塩はちみつを体に塗って、マッサージしてみたのです。

そして、まずその美肌効果のすばらしさに驚かされました

翌日になっても、肌が実にツヤが良くつるつるすべすべなのです。

スポンサーリンク

 

塩はちみつの作り方とマッサージの仕方

塩はちみつの作り方は雑誌で紹介されていた方法に従っています。

 

材料は塩1kgに対し、はちみつとベビーオイル各大さじ2杯、そして卵白1個分です。

塩はちみつは、これらをかき混ぜるだけで簡単にできるのです。

これを数回に分けて使います。

使い心地は大変よく、私は、1回試したら、もうやみつきになってしまいました。

 

私のマッサージのやり方を簡単に紹介します。

まず、湯ぶねにゆっくりつかって、体を温めます。

汗が出てきたら、湯ぶねから上がって普通に体を洗います。

そして、もう一度お湯につかって体を温めたあと、塩はちみつのマッサージです。

 

塩はちみつを適量、手にすくい取っては、体じゅうにベタベタとつけます。

そして、体の各部を末瑞から中心へ、例えば、椀なら指先から肩へとマッサージするのです。

 

初めのうちは、おなかや太ももの脂肪を取るのが目的でしたから、特にこれらの気になる部分は念入りに行いました。

ちなみに、私は顔には塩はちみつを使っていません。

スポンサーリンク

 

慣れてくるにつれて、材料にも少し工夫をしてみました。

塩は、精製塩も、自然塩(天然の粗塩)も使ってみましたが、私は自然塩のほうが気に入りました。

粒の細かい精製塩よりも、日然の粗塩(あらじお)のほうがザラザラした感じがします。

そして、私には、この適度なザラザラ感が、マッサージしたとき、とても心地よいのです。

 

また、塩の量に対して、ほかの材料の分量が少なすぎると、できる塩はちみつは固くなりすぎます。

そこで、卵の白身を2個分にしたところ、滑らかになってとても感触がいいことに気がつきました。

一度、卵の黄身も入れてみましたが、これは固まってしまって、ダメでした。

 

はちみつ、ベビーオイルも、緩くなりすぎない程度に多めにすると、塩はちみつは、まるでかき氷のような形状に、うまく仕上がります、

こうして毎日楽しみながら、入浴時の塩はちみつマッサージを続けました。

スポンサーリンク

 

お腹も太ももも痩せて脚が細くなりスリムになった

すると3ヵ月後

なんと太ももの周囲が、4cmも細くなったのです。

 

そのころには、おなかの周りも脂肪が取れ、見るからに細くなっていました。

そして、体重も6キロヘったのです。

 

このように、私は塩はちみつで体をマッサージするようになってから、体型の悩みがすっかり解消してしまいました。

もちろん今も、細くなったおなかや太ももはスマートなままです。


 

塩はちみつの効果についてはこちらもご覧ください

 

もし、スマートになった今

「まだ塩はちみつを使っている目的は?」

と聞かれたら、私は「肌の潤いを保つこと」と答えるでしょう。

 

というのは、私は乾燥肌で、特に空気が乾燥する冬には、肌荒れがひどくて気に病んでいたのです。

それが最近は、冬でも肌が保湿できておりつるつるすべすべなのです。

 

私の手を触って、母がまず、「感触が全然違うね」と驚いたものです。

そして今は、その母も、毎日塩はちみつで全身をマッサージしています。

スポンサーリンク


 

塩はちみつのマッサージは肌が綺麗になる

塩はちみつマッサージは、美容のために一度は試してみる価値がある方法だと思います。

 

塩の美肌効果

塩で体を洗う方法は、広く知られています。

塩をお湯でのばし、軽くなでるように肌を洗う方法です。

こうして洗うと、塩は、毛穴を開いて詰まった脂分を外に引き出し、吹き出物を解消するなど、いろいろ肌によい働きをしてくれます。

塩でやせたという話もよく聞きます。

必ずしも体重がへるとはいえませんが、血行をよくして、気になる体の部分を引き締めるのに、効果的なのです。

スポンサーリンク

 

はちみつの美肌効果

はちみつも、昔から美肌作りに活用されています。

はちみつに含まれている糖類が、肌を滑らかにしてくれるからです。

また、ビタミン類、中でも

ビタミンB2とB6は

皮膚のトラブルの治療薬にも使われるぐらい、肌に役立つ作用を持っています。

 

ちなみに、以下は著者が使っているはちみつです。

割引クーポンやまとめ買いの特典(3本購入で1本プレゼント&送料無料)を使ってお徳に国産のハチミツを買っています。

【30%off対象商品】国産純粋はちみつ 1000g 1kg 日本製 はちみつ

今話題のマヌカはちみつも肌に塗ったり食べたりすると肌に良いです!

マヌカはちみつ 170g 国内自社工場にて充填
 

卵白の美肌効果

卵白が肌にいいのは

皮膚を清潔にする、漂白する、傷を修復する、といった作用があるほか、固まる際に汚れや脂もいっしょに取り除くからです。

 

こうしたよいものがミックスされている塩はちみつですから、肌がきれいになるのは、当然ともいえるでしょう。

しかし、せっかくですから、ベビーオイルの代わりに、オリーブオイルなどの自然のオイルを使えば、なおいいと思います。

また、粒の荒い塩を使って体をゴシゴシこするのは、肌を傷めるもとですから、できるだけ優しくマッサージするようにしてください。

 

しょっちゅう強くこすっていると、稀ですが色素が着色して肌が黒ずんでしまう恐れもあります。