病は気から/ストレス 対策/うつ病

ストレスを解消し免疫や自然治癒力を高める「快感ホルモン」と顔ツボ指圧

Pocket
LINEで送る

 

ストレスを解消し病気にならないよう免疫力や自然治癒力を高めることができれば老化防止にもなり健康体に戻すことができます。

今回は、脳の快感ホルモンを気持ちよく分泌させるのに効果的な顔ツボ指圧のやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

老化を防止し自然治癒力を高めるすぐれた薬理作用

田園調布にある病院では

「食事」「運動」「瞑想」の三つが主な治療となっています。

 

食事は高たんぱく質・低カロリー

運動は筋肉をつけ、脂肪を燃やすものです

瞑想はプラス発想をしながら楽しいことを考えるというものです。

 

これだけで

いままでなかなかよくならなかった成人病の患者さんの症状が、不思議なほど改善されるのです。

また、これから成人病になる可能性が大きい「病気ゾーン」に足を踏み込んでいる人を、見違えるほどの健康体に戻すこともできるのです。

 

その効果の秘密は

これら三つが快感ホルモンを脳内にたくさん出すようにすることができるからです。

 

人間の脳からは

モルヒネにも似た快感ホルモンが分泌されますが、これは人の気分をよくさせるだけではなく、老化を防止し、自然治癒力を高めるすぐれた薬理作用があるのです。

スポンサーリンク

 

快感ホルモンの効果についてはこちらもご覧ください

 

 

 

東洋医学のツボ指圧

しかし、これら2つの方法以外にも

家庭で簡単に実行できて、快感ホルモンを気持ちよく分泌させる方法があります。

 

それは

東洋医学のツボ指圧です。

東洋医学では、古くから特定のツボを刺激すると、鎮痛効果が得られることが知られていました。

 

ツボに針を打てば、麻酔薬なしでも外科手術ができるのです。

なぜこんなことができるのか、長い間、謎でしたが、やっと解明されつつあります。

実は、それが快感ホルモンのおかげだったのです。

スポンサーリンク

 

 

 

ツボの刺激はストレス解消・免疫力向上・リラックス効果がある

ツボ刺激をすると

さまざまな効果が得られます。

 

たとえば

・気持ちがよくなり

・ストレスがとれる

・記憶がよくなる

・免疫力(体の防衛力)が高まる

・炎症が治る

・創造力が豊かになる

・リラックスできる

など、こうしたツボ刺激の効果は、快感ホルモンを引き出すことに、その秘密があったのです。

 

快感ホルモンを引き出す4つのツボ

このツボ刺激のすばらしい効果を

積極的に利用しない手はありません。

 

もちろん、ツボの部位によっては専門家でないと刺激できないものもありますし、場所によっては刺激の行いにくいところもあります。

しかし、人体には全部で365もツボがあり、そのなかには快感ホルモンを引き出す効果がきわめて高く、しかも一般の人でも簡単に刺激できるツボがあります。

 

これからご紹介する、顔にある

・陽白(ようはく)

・晴明(せいめい)

・四白(しはく)

・迎香(げいこう)

などのツボがそうです。ぜひ、これらのツボを指圧して、その効果を確認してみてください

スポンサーリンク

 

快感ホルモンで体をリフレッシュ

まず、陽白(ようはく)は額にあります。

まっすぐ前を見た状態で

瞳の中央から額のほうへ上がっていき

まゆ毛の上端から2cmぐらい上がったあたりで、骨の盛り上がり(前頭結節)にふれます。

その盛り上がりのすぐ下に陽白(ようはく)があります。

 

晴明(せいめい)

目がしら(目の鼻側の端)の小さなくぼみの中にあります。

目がしらと鼻根(鼻のつけ根)の間をさぐると、小さなくぼみが見つかります。

これが晴明(せいめい)です。

 

四白(しはく)

前方をまっすぐ見たときの瞳から

3cmほど下がったところにあります。

 

迎香(げいこう)

鼻翼(いわゆる小鼻)のいちばん横に張り出したところで、笑ったときにできるミゾの中にあります。

スポンサーリンク

 

顔ツボの指圧の仕方

これらのツボは、次の方法で指圧してください。

まず、左右の陽白(ようはく)に中指

あるいは人さし指の腹(指先の指紋の部分)を当て、円を描くように押しもみします。

 

押すさいは

1~8の数字をゆっくり数え

これを1セットとし、全部で8セットくり返します。

 

晴明(せいめい)は、指でつまんで指圧します。

左手あるいは右手の親指と人さし指の腹のそれぞれの腹を、左右の晴明(せいめい)に当てます。

そして、親指と人さし指で鼻の皮膚をつまみ、圧迫しながらもみほぐします。

 

もみほぐすさいは

同じく1~8まで数え

それを8セットくり返します。

四白(しはく)、迎香(げいこう)は、陽白(ようはく)と同じ方法で指圧します。

スポンサーリンク

 

顔ツボでストレスから守り成人病を回避し健康に

とにかく、これらのツボを指圧してみてください。

いかがでしょうか?

 

指圧が終わったあと

なんともいえない気分のよさを感じられているはずです。

強いストレスで、頭の重かった人や目の奥に痛みを感じていた人は、それらの苦痛がやわらいでいるのがわかるでしょう。

 

快感ホルモンによって

体がリフレッシュされているのです。

 

ストレスから身を守り

成人病の魔手から逃れ

健康的に長生きするためにも

この簡単にできる顔のツボ指圧を、毎日実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

Pocket
LINEで送る