歯(虫歯)/口臭/歯周病

歯周病は万病の元!「口内フローラ」虫歯や悪いバイキンを減らそう

2017/06/29

Pocket

 

歯がグラグラする・歯茎から血が出る・口の中が臭いなどの症状はありませんか?

虫歯や歯周病は体調を悪くします。

虫歯や歯周病を治し体調を整えましょう!

スポンサーリンク

 

「口内フローラ」口の中の悪いバイキンを減らそう!

口の中ではたくさんの細菌が生きています。

現在、700種類の細菌がいるといわれています。

 

実にさまざまな種類の綱菌がいるわけですが

これらの細菌の分布を「口内フローラ」と呼びます。

 

細菌には、善玉菌と悪玉菌がありますが

悪玉菌の多い口内フローラであれば

むし歯や歯周病などの口の病気に

かかりやすくなるだけでなく

糖尿病や心臓疾患、早産などの全身の病気にも関わることが分かってきました。

 

善玉菌の多いフローラに変えられれば、口だけでなく全身にも良い形響を及ばします。

そのためには、まずむし歯や歯周病の治療をきちんと行った上でのクリーニングが必要です。

口の中に定着している悪玉菌を限りなくゼロに近づけるため、歯の表面、歯周ポケットを清掃します。

スポンサーリンク

 

また、舌の表面が黄色くなっているのを見たことはありませんか。

それは舌苔(ぜったい)と呼ばれ、舌コケ、菌の塊です。

舌ブラシなどで磨き、清掃しましょう。□臭予防にもなります。

 

ブラッシングと普段の歯磨きを見直してください。

これで悪玉菌は限りなく少なくすることができます。

あとは、本来舌や粘膜に住んでいる善玉菌が移り住みに定着してくれれば、良い口内フローラに変わっていくでしょう。

良い綱菌たちとうまく付き合って、健康を維持しましょう。


これ一本でお口の悩みをトータルケア!
 

歯周病は万病の元!

歯がグラグラする・歯茎から血が出る・口の中が臭い

これらは、歯周病の症状です。

 

歯周病

歯と歯茎の間の浅い溝に歯周病菌が感染することにより引き起こされる感染症です。

 

重い歯周病になると歯を失いますが

それだけでなく

炎症のある小さな傷から歯周病菌が血液に入り込んで、細菌自体が、また細菌が持つ毒素が、体のさまざまな所で悪影響を及ぼすことが分かってきました。

スポンサーリンク

 

虫歯や歯周病についてはこちらもご覧ください

 

 

 

1989年に、口の中の状態と心筋梗塞との関連を調査した研究がフィンランドで行われました。

これが発端となり、1998年にはアメリカから歯周病の進行程度と心臓病の発症率の間に強い相関関係があるとの研究報告がありました。

それ以降、世界中で研究が進められ、ヒトの動脈硬化血管から歯周病菌のDNAも見つかっています。

 

また、2型糖尿病の発症率が世界で最も高いといわれる、アメリカの先住民のビマ族を調査した研究では、歯周病の発症率と糖尿病の発症率の間に強い相関関係があることが分かり、現在では歯周病は糖尿病の第6の合併症として知られています。

 

このほかにも

・早産

・低体重児出産

・関節リウマチ

・非アルコール性脂肪肝

・細菌が気道を介した誤囃(ごえん)性肺炎

など、さまざまな病気と深い関わりがあることが分かってきています。

スポンサーリンク

 

残念ながら歯周病の特効薬といえるものはありません。

歯周病菌同士がバイオフィルムという強固なバリアを築き、薬が届きづらいのです。

現在のところは歯科で歯石を取り、クリーニングを行うのが最善かと思われます。

 

【 送料無料 】ポリリンデンタルリンス 口臭 歯を白く歯周病 虫歯
 

歯のケアについてはこちらもご覧ください