がん(癌)

白血病・膀胱がんの私が症状も緩和し免疫力を高める野菜スープとは!

2017/09/07

Pocket

 

白血病と聞くと亡くなった親友を思い出します。

癌(ガン)・白血病は恐ろしい病気です。

これらの病気については免疫力の向上は必須だと個人的に考えています。

今回は、野菜スープ(ゆで汁)を常飲したら白血病・膀胱がんの症状が緩和し健康体に戻れたと話す、宮城県にお住いの58歳男性の体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

 

慢性骨髄性白血病と膀胱癌(ガン)を発病

私が、自血病と告知されたのは、平成23年1月のことでした。

 

正式には慢性骨髄性白血病という病名でした。

この病気は、血液中の白血球が異常にふえていくのです。

 

そのころの症状としては、わき腹の左上の辺りに激痛が走り、それは耐えがたい苦しみでした。

翌年の平成24年の4月には、食欲が全くなくなり、発病前よりも体重が14~15kgも落ちました。

白血球の数は正常値の20~30倍にまで増えていました。

 

入院して治療を受け、なんとか病状を回復させようと、私なりに頑張りました。

ところが、その年の暮れに検査をしたら、今度は自血球が異常に減少していました。

葉が効きすぎたようなのです。

結局、3ヵ月入院しましたが、これといって治療法もなく、病状はいっこうに改善しませんでした。

そんな最悪の状態のとき、今度は膀胱癌(ガン)が発見されたのです。

これでいよいよ終わりかと思いました。

スポンサーリンク

 

体に良いという「野菜スープ」とは

野菜スープ(ゆで汁)

のことを知ったのは膀胱癌(ガン)の手術を1ヵ月後に控えた、平成25年の2月半ばのことでした。

 

小学校のときの先輩が、私の癌(ガン)を心配してくれ、「これは体にいいものらしいから」といって、野菜スープ(ゆで汁)を教えてくれたのです。

妻も必死だったのだと思います。

さっそく、教えられたとおり

・ダイコン(四分の一本)

・ダイコンの葉(四分の一本分)

・ニンジン(三分の一本)

・ゴボウ(四分の一本)

・干しシイタケ一枚)

の5種類類の材料を使って、ゆで汁を作ってくれました。

その野菜のゆで汁を毎日800~1000ml飲むようにしました。

それから、野菜のゆで汁と同量の玄米茶も飲むようにしました。

野菜のゆで汁と玄米茶は同時に飲まず、時間をずらして飲みました。

スポンサーリンク

 

野菜スープが白血病に効く?飲むと体調が上向きに

間違いなく、野菜スープ(ゆで汁)が効いたのだと思います。

膀胱癌(ガン)の手術後の経過が非常によく、普通より早く、3週間で退院できました。

 

退院した後も、毎日野菜スープ(ゆで汁)を飲み続けました。

膀胱癌(ガン)が再発率の高い病気であることと、野菜のゆで汁が白血病にも効果があることを聞いたからです。

 

白血病という病気は、とにかく、体がだるいのです。

階段を上ったりするとき、いつも息切れしていました。

立ちくらみを起こすことも、しょっちゅうでした。

 

そういったつらい症状が

野菜スープ(ゆで汁)を飲み始めて

2~3ヵ月後には、ウソのようにすっかり消えてしまったのです。

 

体調がめきめきと上向いているのが自分でもわかりました。

減り過ぎていた白血球の数も正常になってきました。

体調が良くなり、普通の健康体に戻れたのです。

顔色もよくなりました。

スポンサーリンク

 

野菜スープの効果についてはこちらもご覧ください

 

 

昨年の10月には、滋賀県内大津で開かれた、農学校の同窓会に参加することもできたのです。

同窓会で、野菜スープ(ゆで汁)を欽んで白血病と膀胱癌(ガン)を克服したことを、同級生たちに話しました。

 

しかし、ほとんどの人が

私が大病を患ったことも

また、ゆで汁を飲んでよくなったことも信じようとしません。

それくらい、私が元気に見えたのでしょう。

 

現在、血液中の白血球の数は正常値です。

膀胱癌(ガン)の予後もよく、つい最近、毎月の検査が2ヵ月に1回に減りました。

この状態を一日でも長く維持するためにも、今後とも野菜のゆで汁を飲み続けたいと思っています。

野菜スープの効果についてはこちらもご覧ください

 

スポンサーリンク

 

免疫力を高める・薬の副作用を緩和する!

岡田医院院長にお話しをお聞きしました!

 

膀脱ガンの手術の一ヵ月前から

野菜スープ(ゆで汁)を飲み始めたことは、とてもよかったと思います。

血液のガンといわれる白血病も含め、ガンという病気に対して、野菜スープ(ゆで汁)は、主に次の二つの効果が期待できます。

1.免疫力(病気に対する抵抗力)を高め、病状の進行を抑制する。

2.抗ガン剤(癌(ガン)の進行をおさえる薬)の副作を抑制する。

 

急性増悪期(急に病状が悪化する時期)は、医師「治療に頼らなければなりませんが、同時に野菜スープ(ゆで汁)の飲用で、抗ガン剤の副作用を防いだり、緩和したりする効果が期待できます。

この場合、野菜スープ(ゆで汁)は多めに飲用するほうが効果的です。

 

この時期を過ぎたら、主に1.の作用を期待して、野菜スープ(ゆで汁)を飲むといいでしょう。

この場合、急性増悪期に比べると量は少なくていいですが、長く続けてください。

野菜スープの効果についてはこちらもご覧ください