ダイエット 対策

小麦は肥満解消の成分があるダイエット食材!食事制限なしに減量できる

Pocket

 

肥満の原因は

自律神経の失調や各種ホルモンのアンバランスによる、体の糖質や脂質代謝の異常

また、遺伝的なものもありますが、ほとんどの場合は日常の食生活や運動不足にあります。

今回は、食事制限なしに肥満解消の成分があるダイエット食材として「小麦」についてお話しします。

スポンサーリンク

 

現代人の生活は肥満になりやすい

人間は本来食事による摂取エネルギー

運動などによる消費エネルギー

バランスよく働かないと、健康に生きることのできない動物なのです。

ところが、エネルギーをとりすぎて、うまく消費できなくなると、摂取エネルギーが体内に蓄積されて肥満になるのです。

 

戦後、私たちの食生活は飛躍的に向上しましたが、その一方で、高カロリーの食生活にどっぷりとつかるようになってしまいました。

ストレスも多く、生活が便利になった半面、運動不足の原因にもなっています。

 

私たちを取り巻く、このような生活環境が肥満の人をふやし

この肥満が糖尿病や心筋梗塞、動脈硬化、高血圧などの恐ろしい成人病を引き起こす大きな原因ともなっているのです。

 

 

こうした肥満の治療や防止には

一般に食事療法や運動療法、薬療法がよく知られています。

このうち、最近注目を集めているのが食事療法の補助的手段としての食物繊維や消化酵素阻害物質の利用です。

スポンサーリンク

 

消化酵素ってなに?

消化酵素阻害物質」とは

<α-アミラーゼインヒビター(α-AI)>ともいい

多くの植物のタネに含まれています。

 

人のツバや膵液の中には

α-アミラーゼという消化酵素があり

腸管での糖類の分解・吸収を行っていますが、この働きを中止させて、摂取エネルギーの蓄積を防ぐ物質がα-アミラーゼインヒビターというわけです。

 

植物の中でも、とくに小麦に含まれる

高純度のα-アミラーゼインヒビターという特殊なたんぱく質には

でんぶんなどの炭水化物を分解する消化酵素の働きを抑制し、摂取エネルギーを低下させる働きがあります。

 

このα-アミラーゼインヒビターは

これまでも肥満防止に役立つといわれてきましたが、その有効性を臨床例で示したケースはほとんど見られませんでした。

スポンサーリンク

 

大麦を使ったダイエット法についてはこちらもご覧ください

 

食事制限なしで月に2kg減量できる「小麦」の成分

α-アミラーゼインヒビター

これまで糖尿病の治療に多く用いられてきました。

このα-アミラーゼインヒビターの消化酵素を阻害する活性を利用すれば、肥満の治療や防止にも役立つと考えられるわけです。

 

肥満治療が食事療法による

摂取エネルギーの制限や運動療法による消費エネルギーの増大を中心とした一種苦痛をともなうことの多いのに対し、

このα-アミラーゼインヒビターの特性は、単独、もしくは種々の食品と混合して摂取でき、しかもふつうに日常生活を送りながら、効果が期待できるところにあります。

 

また小麦のα-アミラーゼインヒビターは血糖値の上昇を抑え、摂取による副作用もほとんど見られません

むしろ、総コレステロールを下げる働きもあるのです。

従来、肥満治療に用いられていた中枢性の食欲抑制剤のような副作用がまったくなく、安心して使えるのもα-アミラーゼインヒビターが注目される理由です。

スポンサーリンク

 

研究者の行った主な実験は、次のようなものです。

1.どの程度α-アミラーゼを阻害するのか?

2.食後血糖値への影響は?

3.血液の検査値への影響は?

4.男女20名の健常ボランティアを対象にした体重変化に関する臨床実験

 

実験結果を見ると、小麦のα-アミラーゼインヒビターは人のツバから出る消化酵素α-アミラーゼの実に93%を阻害することを示しています。

(表)各種の消化酵素に対する小麦の成分の阻害効果

 

またα-アミラーゼインヒビターが

消化管内でどの程度活性を維持するかの実験では、たとえば胃では85.4%が分解されず、活性を維持することがわかりました。

人によるα-アミラーゼインヒビターの摂取実験では、10、20、30g容量の摂取時の食後血糖値上昇変化は、それぞれその上昇を抑制しています。

スポンサーリンク

 

ダイエットの食事療法を一新する食品

いま一般的に行われているダイエットは

低カロリー食や、低カロリーの特定の食品しか食べないといった単一ダイエット法です。

これらは、確かに減量できるダイエット法ですが

でも、これらの方法は場合によっては体に必要な栄養素の欠乏を招き、かえって健康を害することがあります。

スポンサーリンク

 

有効的なダイエット法についてはこちらもご覧ください

 

 

またそれから生じる過度のストレスで食べすぎると、激しい体重変動、いわゆる「ヨーヨー現象」を招きます。

 

したがって、健康的に減量するには

ある程度時間をかけ安心してダイエットできる方法

つまりα-アミラーゼ(消化酵素)を阻害して、本人があまり意識せず、らくに摂取エネルギーを制御する方法が、もっとも効果的だといえます。

 

小麦のダイエット食品を利用したダイエットは、安全・確実にやせることができる、もっともよい方法の一つといえます。

 

もちろん、小麦のダイエット食品を摂取するだけでなく

これに軽い運動をプラスすれば、ダイエット効果はさらに高まることはいうまでもありません。

 

小麦から発見されたα-アミラーゼインヒビターで作られたダイエット食品が、広く利用されて、肥満の悩みを解消することを信じています。