チーズダイエット

チーズダイエットを成功させる方法-チーズの種類・食べ方まで解説

2017/07/29

Pocket

 

チーズダイエットは、日ごろの食事にチーズをとり入れ、空腹感を抑えながら、栄養のバランスをとってやせるダイエット法です。

今回はそんなチーズダイエットを成功させる方法として、チーズの種類・食べ方までを医学博士のプロの助言とともにお話しします。

 

毎朝チーズと野菜を食べる

チーズダイエットでは、

原則として、朝食に代えてチーズを食べます。

つまり、これまで朝食としてとっていたごはんやパンを控え、代わりにチーズをたべるわけです。

チーズは少量でも腹持ちがよく、栄養価も高いので、朝食にとれば、普通は昼食までおなかがすきません。

 

とはいえ、チーズだけではカサが少ないので、やはり食事のときはものたりない感じがするでしょう。

また、チーズは高栄養食品ですが、ビタミンCや食物繊維は含まれていません。

そこで、チーズに欠けているこれらの栄養素を補うとともに、食事のカサをふやして、より満腹感を得るため、チーズといっしょに野菜をたっぷり食べるようにしてください。

 

目安として、

一食に最低100gは野菜をとりたいものです。

野菜を食べるのがめんどうなときや、時間の余裕がないときは、市販の野菜ジュースなどで代用してもかまいません。

なお、昼食と夕食は普通に食べてけっこうです。

スポンサーリンク

 

好みに合ったチーズを食べる

チーズには数多くの種類がありますが、

一般的なものを大きく分けると、以下の二つがあります。

 

ブルーチーズ、カマンベールチーズ、パルメザンチーズなどナチュラルチーズ

・牛や山羊などの乳を発酵・熟成させたナチュラルチーズ

ナチュラルチーズは、チーズ本来の味と香りが強いのが特徴です。

 

プロセスチーズ

・何種類かのナチュラルチーズを加熱殺菌し、乳化剤で固めたプロセスチーズ

プロセスチーズはクセがなく、チーズを食べ慣れていない人でも食べやすいのが利点です。

 

 

チーズダイエットに使うチーズは、このどちらでもかまいません。

また、ナチュラルチーズの種類はたくさんあり、プロセスチーズもいろいろな製品が出ていますが、どんなチーズでもけっこうです。

ご自分の好みに合ったチーズを選んで、ダイエットを長続きさせることが大切です。

スポンサーリンク

 

脂肪は30%以下のチーズを選ぶ

チーズは原則としてどんなものでもよい、

といいましたが、

できればチェックしてほしいのが、含まれる脂肪の量です。

 

チーズの脂肪含有量は、種類によって大きな差があります(上表を参照してください)。

脂肪は空腹感を抑えるために役立つとはいえ、あまりにも高脂肪だと、高カロリーすぎることと、たんぱく質が少ない点で、ダイエット効果が得られにくくなります。

 

ですから、

チーズダイエットに使うチーズは、

目安として100g中の脂肪が30%以下のものを選ぶとよいでしょう。

 

日本で市販されているチーズのほとんどは、脂肪分がこの範囲内に収まっているので、チーズダイエットに使えます。

ただし、ナチュラルチーズにはかなり脂肪が多いものもあるので、商品のラベルを調べたり、お店で尋ねたりして、脂肪の量を確かめると良いでしょう。

また、チーズの使用材料としてバターやクリームが加えてあると記されているものは、高脂肪で高エネルギーなので、ダイエットには向きません。

スポンサーリンク

 

チーズを食べる量

ソフトタイプは100gハードタイプは50g一食の目安です。

チーズを硬さで分類すると、以下に分けられます

カッテージチーズなど

スプーンですくって食べるソフトタイプ

カマンベールチーズなど

切ると中が軟らかいミディアムタイプ

プロセスチーズやチェダーチーズなど

ナイフなどで削れるハードタイプ

 

こうした固さの違いは、チーズに含まれる水分によって決まります。

ですから、一般に固いほど栄養素が濃縮されており、脂肪も多く含まれます。

同じ重さならハードタイプのほうが、たんぱく質、カルシウム、脂肪が多く含まれるわけです。

そこで、チーズダイエットで一食にとるチーズの量は、ハードやミディアムタイプなら50g、ソフトタイプなら100gを目安にすると良いでしょう。

この量なら脂肪の取り過ぎにならず、しかもそのほかの栄養素も十分に摂取できます。

 

間食にもチーズを利用する

ダイエット中、

どうしても間食がしたくなったら、

ケーキや和菓子などの甘い物を食べるよりは、チーズを食べることをおすすめします。

 

チーズなら少量で満足し、むやみにエネルギーをとらなくてすみます。

携帯に便利なチーズも市販されていますから、そういうタイプを利用するとよいでしょう。

チーズダイエットの効果についてはこちらもご覧ください

 

 

 

以上のポイントに気をつけ、健康な体を作るチーズダイエットを行ってみてください。

スポンサーリンク

 

チーズダイエットのポイント

・毎朝チーズと野菜を摂取する

・好みに合ったチーズを食べる

・脂肪は30%以下のチーズを選ぶ

・ソフトタイプは100g、ハードタイプは50gが一食の目安

・間食にもチーズを利用する