病は気から/ストレス 対策/うつ病 脳梗塞/動脈硬化 高血圧/低血圧

脳梗塞になりやすい人とそうでない人の体質や生活の違いとは

2017/02/25

Pocket

 

こんにちは。akapです。

今若い人にも隠れ脳梗塞が多いとテレビで放送されていました。

私としても、脳梗塞は身近の病気と認識されており。水分補給や食べ物、ストレス軽減には注意しています。

今回は、脳梗塞になりやすい人とそうでない人の体質や生活の違いについて専門医師に伺いました。

スポンサーリンク

 

脳梗塞とは

OZP73_atamagawareruyouniitai20130707_TP_V

脳梗塞は

脳の細い血管が血栓(血液のかたまり)でつまる脳血栓と、心臓や大動脈でできた血栓が脳に運ばれてできる脳塞栓に分けられます。

 

 

 

脳梗塞を招く重大な危険因子とは

高血圧を放置しておくこと

hypertension-867855_1280

まず、脳血栓について見ると、

これを引き起こす最大の危険因子は

なんといっても高血圧です!。

 

血管に強い圧力がかかり続けると、動脈硬化が進んで、脳の血管はもろくなり、血栓ができやすくなります。

 

脳血栓だけでなく、脳出血においても、その最大の原因は、高血圧を放置しておくことに求められます。

スポンサーリンク

 

高血圧には、家系的なものも関係してきます。

たとえば東北の農村部では、長い間、塩づけのものを多く食べていました。

塩分、すなわちナトリウムを多くとり続けると、水分が血管に吸い取られ、血圧が上がります。

この状態が何代にも渡って続くと、体がそれに対応するようになり、高血圧になりやすい体質をつくってしまうのです。

 

ですから

親や祖父母が高血圧だったり

脳卒中を患ったりしている人は

自分も血圧が上がりやすい体質である可能性が強い、ということを承知しておくのがよいでしょう。

 

糖尿病・コレステロールや脂肪の取り過ぎ

150404417805

高血圧に次いで危険因子とされるのは、糖尿病です。

 

高血圧が細い血管に動脈硬化を起こすのに対し、糖尿病の場合は、どちらかというと太い血管で動脈硬化が起こります。

欧米では、糖尿病が原因で脳血管障害になるケースが少なくありません。

 

太い血管に動脈硬化を起こすものとしては、

コレステロールや脂肪のとりすぎも指摘できます。

スポンサーリンク

 

ただし、こちらは脳血栓ではなく、脳梗塞のもう―つのパターンである脳塞栓のほうに関係してきます。

コレステロールや中性脂肪が血管にたまって起こる動脈硬化をアテローム硬化といいますが、これは主に心臓の血管や、心臓から脳に行く途中にある首の内頸動脈で起こります。

これらの血管が硬くもろくなり、そこにできた血栓が脳に運ばれて、脳血管をつまらせることになるわけです。

 

このように、脳血管にはなんの問題がなくても、心臓にトラブルがあれば、脳塞栓という形で脳梗塞が起こり得ます。

このため、不整脈や心房細動といった心臓病も、脳梗塞の原因となります。

 

脳梗塞の改善や予防についてはこちらの記事もご確認ください。

 

 

 

ストレスで自律神経の崩れ

ずっとよくないのはストレスです。

 

人間は誰でもストレスを感じますが

これが持続し、蓄積されるようだと

自律神経のバランスもくずれ、血圧も上がり、中性脂肪値や血統値も上かりますし血管をもろくし、血栓をつくりやすくする大きな原因がストレスなのです。

 

以上で見てきた脳梗塞の危険因子を、一っだけでなくいくつも合わせ持っていると、ちょっと心配だということになります。

 

高血圧や糖尿病、心臓病に対しては、必要に応じて薬で症状をコントロールして、一つ―つ危険因子を取り除いていくことが望ましいですね。

スポンサーリンク

 

おおらかな気持ちが脳梗塞を防ぐ

c37979f1f3458a1d14e33d97e594e5c5_s

それと同時に、生活の見直しも大事です。

それはなにも、高血圧や糖尿病のために、食事を工夫したり運動したりすることだけではありません。

 

むずかしいことかもしれませんが

持ちをおおらかに持って、楽しく毎日を過ごすことが脳梗塞の予防に大いに役立つのです。

 

ストレスがたまる人は、どちらかというと物事をネガティブ(否定的・悲観的)にとらえることが多いようです。

 

たとえば糖尿病の食事療法や運動療法でも、「やらないといけない。そうじゃないと、ますます悪くなる」と強く思い込み、自分で自分に緊張を強いるタイプです。

これに対してストレスがたまらないタイプの人は、「楽しく~しよう、そうすれば~になる」と、物事をポジティブ(肯定的・楽観的)にとらえます。

 

仕事が無理なら趣味でも軽いスポーツでもかまいませんから、心底楽しめるものを見つけ、ポジティブな発想を身につけるように心がけてください。

私も現在ポジティブシンキング実施中です。

これは、脳出血や脳梗塞の再発予防の観点からも大事なことです。

 

楽しいことや打ち込めるものがあれば

気分的に落ち着き、自律神経が安定して血圧も下がっていくのは珍しいことではありません。

 

適切な薬の服用など、必要なことはとりあえずキッチリとやっておき、そのうえで、おおらかな気持ちで毎日を過ごすこと。

これが脳梗塞を防ぐ大きなポイントだといえるでしょう。

スポンサーリンク

 

脳梗塞になった有名人として、桜井和寿さん・大橋未歩さん・西城秀樹さん・長嶋茂雄さんなど多数

ちなみに、

脳梗塞になった有名人として、

大橋未歩さん・麻木久仁子さん・桜井和寿さん

坂上二郎さん・西城秀樹さん・大島渚さん・田中角栄さん・長嶋茂雄さん・三遊亭円楽さん

栗本慎一郎さん・真屋順子さん・大鵬さん・石原慎太郎さん・磯野貴理子さん

 

など多数いらっしゃいます。

突然発症する脳梗塞ですが、芸能人の方で前兆があったかも?ということでお話しされている方もいらっしゃいます。

ちょっと調子がおかしければ、すぐに病院に行きましょう。

 

脳梗塞の改善や予防についてはこちらの記事もご確認ください。