便秘/痔 肩こり/頭痛/腰痛/リウマチ

肩こりからの頭痛と吐き気の解消法!一週間で解消した黒豆レシピはこれ

2017/07/29

Pocket

 

こんにちは。akapです。

私は、肩こりと偏頭痛がたまに起こります。

もちろん薬には頼りたくないですが、これって意外に辛いですよね。

今回は、肩こりからの頭痛と吐き気の解消法として、一週間で解消した黒豆レシピはこれだと話す、40代の主婦の方からの経験談です

スポンサーリンク

 

20代より便秘や肩こりに、40歳過ぎから便秘や頭痛が悪化

axis151007379384_TP_V

私は、若い頃から続いていた便秘に悩まされました

5日くらいお通じがないことも珍しくないくらいでした。

その便秘が直接の引き金になっているのか分かりませんでしたが、ひどい肩こりや頭痛にも襲われるようになりました。

 

頭痛は市販の鎮痛剤をしばしば飲んで、

やり過ごしていたのですが、

めまいや動悸、吐き気が起こるようになり、冷えやのぼせも覚えるようになったので病院に行きました。

そこでは「自律神経失調症」と診断され漢方薬などを飲んで症状を和らげていました。

 

漢方薬を飲みはじめたおかげか、いくつかの症状は完治までいかないもののいくぶんかは楽になっていました。

しかしそれでも、頑固な便秘と肩こり、頭痛には効果がありませんでした。

そうしたことから、自律神経に問題があるのだと思い、いろいろな市販薬や健康食品を試しましたが、良い結果は得られませんでした。

 

スポンサーリンク

 

黒豆の効果:便秘が正常になり頭痛・肩こりが解消

PAK85_lalaonakaitaidesu20140321_TP_V

ある雑誌で黒豆レシピの紹介で黒豆スープの事を知り、その中で婦人科系の病気改善にも良いとの事で自分で作って飲んでみることにしたのです。

 

まず、黒豆200gと黒ゴマ30gを用意します。

これをそれぞれフライパンで炒り、ミキサーにかけて粉々にします。

粉砕した黒豆と黒ゴマはよくまぜ合わせ、密閉容器にいれて冷蔵庫などで保管します。

 

飲む際は、

一回分としてその粉末をスプーン2杯ほどカップに入れ、

そこに温めた牛乳200mlを加え、ダマにならないように良くかき混ぜてからハチミツをスプーン1杯程度入れます。

 

この、黒豆スープを朝・晩の二回毎日飲んでいました

 

体の調子に変化が起こってきたのは、

飲みはじめて1週間ほどたったころで、しつこい便秘が解消されていきました

それ以来ほとんど便秘になることはありませんでした。

 

便秘が良くなると、

肩こりも解消されていき

肩がこらなくなるにつれて

ひどいときは歩くたびにズキンズキンと響いていた頭痛も、ほとんど起こらなくなりました

スポンサーリンク

黒豆の効果はこちらもご覧ください

 

黒豆の効果とは

黒豆には

漢方でいう脾胃(ひい)

つまり消化器系の働きを良くする効果があるそうです。

 

さらに、腎の働きを促して

余分な水分を排泄させる作用もあるそうです。

黒豆の効果はこちらもご覧ください

 

スポンサーリンク

 

黒豆スープの作り方

①ゴミなどを除いた黒豆を、中の白い部分が茶褐色になるまで、フライパンで中火で炒る。

②①をミキサーなどで粉状にし、密閉容器に入れ、冷蔵庫へ。

③②を大きめのカップに20gと、すった炒り黒ゴマ(好みで黒砂糖やハチミツも)入れる。

④お湯を注いでよく混ぜる。

 黒豆+ゴマは、消化器系の働きの向上と五臓を元気づけてくれるので健康にはもってこいですね。